「運動神経悪い芸人」で独特のムーブを披露し、新たなキャラを確立したフルーツポンチ村上『アメトーーク!』に無くてはならない存在になったフルポン村上が、最新DVD発売に伴いインタビューに答えてくれた。不本意ながらも“ヒザ神”と命名され新たなキャラを確立した彼が、同番組への愛憎入り混じる想いをブチまける!

映像を見ると自分でも落ち込むんです…

フルポン村上

──いまや『アメトーーク!』に欠かせない人気シリーズとなった「運動神経悪い芸人」ですが、村上さんとしては、なんだか複雑そうですよね?
【フルポン村上】 いや、ありがたいんですけどね……。これはメンバー全員に言えることですけど、自分から手を挙げて出ていない(笑)。芸人として努力して溜め込んできたものを出しているのなら胸を張れるんですけどね。勝手に笑われているというか。 ──決して笑わせているわけではないと(笑)。ただ、やっぱり画としては最高です! 当初、村上さんといえば、ナルシストキャラとしてテレビに出ていたわけですけど、今や完全に“ヒザ神”(走る時にあまりにヒザが曲がらないため番組内で命名)が定着しちゃいましたよね。
【村上】 そうなんですよ。カッコつけてるキャラをコントでやっていたので、よりギャップが出てしまったんでしょうね…。 ──でも、逆にそれが良い“溜め”になったというか。
【村上】 まぁ、そうですね(笑)。僕自身は学生時代から運動神経が悪いと思っていたし、周囲の近しい人間も知っていたんですけど、視聴者の方はイメージが無かったと思うので、より滑稽に映っているんでしょうねぇ。どこ行っても“ヒザ神”って言われますもん。ただ、どう返して良いのか分からないんですよね。「ありがとう!」って言うのも変ですし(笑)。 ──改めて『アメトーーク!』の影響力を感じますよね。
【村上】 ホントですよ(笑)。スタジオでサッカーのリフティングを披露したときから、この流れがスタートしたんですけど、30回くらいは出来るなと思ってたんです。9年間もサッカーをやっていて30回しか出来ないというのも面白いかなって思ってたんですけど、ふたを開けてみたら5回も出来なくて…。 ──自分の予想をさらに上回って出来なかったと(笑)。今や9年サッカーをやっていたのも捏造じゃないかって言われてますよ。
【村上】 自分でもやってたかなって最近疑問に感じてまして(笑)。俺の9年間はいったい何だったんだろうって。 ──いやいや、しっかり『アメトーーク!』で花開いているじゃないですか。
【村上】 まぁ、そうなんですが(笑)。 ──でも、あのヒザの曲がらなさっぷりで、今まで怪我はなかったんですか?
【村上】 あ、怪我は一度もないです。これは運動神経悪い芸人全員の一致した見解なんですけど、運動神経悪い人の方が怪我しないんです(キッパリ)。運動神経が良い人の方が自分の限界以上のモノを引き出そうとするし、年を取ったら昔は出来たイメージで酷使するのでおのずと怪我しちゃうんです。 ──なるほど!
【村上】 僕らはそもそも力をセーブして生きているので(笑)。

映像を見ると自分でも落ち込むんです…

フルポン村上

──毎回、番組の収録で色々なスポーツに挑戦していますが(*今回のDVDでもサッカーや小学生野球チームとの対決など収録)、ほぼ一発撮りでスタッフからの扱いもヒドイと聞きましたが?
【村上】 ホントにヒドイですよ…。『アメトーーク!』のスタッフさんってスポーツをやっていた方が多くて、野球の収録があったときも僕らの収録を直ぐに終らせて、自分たちはキャッチボールとかやり始めて(笑)。もうね、お前らとは違うんだって感じが…。 ──アハハハハ。そこでパワーバランスをしっかり提示してくるんですね(笑)。
【村上】 そうなんです! 運動神経良い人特有の“圧”というか(笑)。完全に小バカにしてますから。 ──収録中はさぞ憂鬱なわけですね(笑)。ただ、ゴールデンで何度も放送しているということは、全国のチビっ子たちには非常に勇気を与えてますよね。
【村上】 同じような境遇の人にとっては、「まだ下がいるんだぞ」という安心感は与えているのかなって。上手い人を見たかったらスポーツ選手を見ればいいわけですからね。 ──『アメトーーク!』ってそこが良いですよね。マイノリティな人をフィーチャーすることで、同じ境遇の人を生きやすくするというか(笑)。
【村上】 ええ。…ただ、僕はあまり生きやすくはなっていなんですけどね(笑)。 ──確かに『アメトーーク!』の村上さんを見ていると、イジられている時の表情がグッと噛み締めているような感じなんですよね。
【村上】 僕らも収録した映像をスタジオで初めて観るので、観る前までは「普通に出来ててあまり面白くないんじゃないかな?」くらいに思っているんですけど、観たらあまりのヒドさに自分でもビックリしちゃうんですよねぇ。「俺、ここまでヒドイんだ…」って落ち込むというか。 ──あの表情は落ち込んでる表情だったんだ(笑)。

次のページへ【プロデューサーに物申す!】



『アメトーーク!』最新巻19・20・21


『アメトーーク!』19

「運動神経悪い芸人」ゴールデン
「運動神経悪い芸人 VS 少年野球チーム」
「元コンビ芸人」
「竜兵会 VS 出川ファミリー」
※購入特典
「たけし軍団」


『アメトーーク!』20

「徹子の部屋芸人」ゴールデン
「キャプテン翼芸人」
「トリオ芸人」
「即興コントすぐやる芸人」
※購入特典
「第2回 芸人ドラフト会議」


『アメトーーク!』21

「滑舌悪い芸人」ゴールデン
「魁!! 男塾芸人」
「学生時代の友達とコンビ組んでる芸人」
「黒沢オムニバス」
※購入特典
「出川ゴルフ奇跡の珍プレー」

OFFICIAL SITE

BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る