ピン芸人No.1を決める『R−1ぐらんぷり』の決勝を前にファイナリスト12人全員が登場。ベテランから若手まで揃った今大会で、それぞれが優勝への想いを語る!
決勝Aグループ
友近

演歌歌手・水谷千重子ネタで勝負!
クラブのママや女優、宅配ピザのおっさんなど、身近にいそうなキャラクターネタを得意とする友近。優勝候補の筆頭でもある彼女が今大会トップバッターに!
新たなキャラである演歌歌手・水谷千重子ネタで悲願の初優勝を狙う!?

ARTIST PAGE

【コメント】
抽選会でネタ順がトップになったので緊張感はありますね。トップの芸人の点数が基準になるのが嫌だったんですけど、今回採点方式はグループ全員が終って一斉に採点するらしいので、そこは安心しました(笑)。Aブロックの4人はジャンルが全くのバラバラなので、どうなるか予想がつきませんね。決勝はもちろん水谷千重子でいきます!! 今年は水谷千重子で全国ツアーも考えているので、優勝賞金で着物を新調したいです。

――――――――
野性爆弾・川島

放送コードギリギリのネタで勝負!?
野性爆弾のボケ担当としてお馴染みのくぅ〜ちゃんこと川島。そのブラック過ぎるネタがゴールデンタイムの生放送で流れるのは非常にスリリング。暴走した彼を止める事は不可能!?

ARTIST PAGE

【コメント】
出場のきっかけは、尊敬する先輩・たむらけんじさんから「出ろよ〜」と言われまして。一緒に決勝で会おうと約束したんですけど、クソほど早よ〜落ちましてね。ありゃ〜ダメだ(笑)。決勝はとっておきの“リーサルウェポン”ネタがあるんで期待して欲しいね。ネタをゴールデンタイムでやったこと無い。いつも深夜の横並びが通販番組位の暗〜い時間でしかやってない(笑)。決勝は是非、野性爆弾として2人で出たいですね! 失格になっても2人で出たるわい!!

――――――――
AMEMIYA

昨年ブレイクの歌ネタで再度決勝進出
昨年、初の決勝進出を果たし、悲哀に満ちた“歌ネタ”で大ブレイクしたAMEMIA。定番ネタとなった「冷やし中華始めました」に続く新たなヒットネタが今大会でも生まれる事は必至!

ARTIST PAGE

【コメント】
決勝でやるネタは決めてます。今年はネタの時間が去年より短いので、いかにブラッシュアップするか…あ、最近ブラッシュアップという言葉を覚えまして(笑)。決勝進出者のなかで挙げるとすると、ハリウッドザコシショウですね! あ、出てないですね(笑)。ライバルというか切磋琢磨している存在はキャプテン渡辺。同じ事務所ですし、もしかしたら今回は同門対決もあるんじゃないかと。あとはヒューマン中村。彼も僕らと一緒で2年連続で決勝進出したということで、やっぱり気になる存在ですね。彼もネタをブラッシュアップしてくるんじゃないかと! ブラッシュアップの使い方合ってます?

――――――――
COWCOW多田

唯一の“ギャグ枠”で決勝戦う!
ベテランコンビCOWCOW多田は、よしもとでも1、2を争うギャグマスター。コントや漫談、フリップ芸などがR-1ではネタとして披露されるが、多田はギャグ1本で勝負する覚悟だ。4年連続で決勝進出するも今年は落選した相方・山田與志の為にも優勝を狙う!

ARTIST PAGE

【コメント】
自分が決勝に行ったのは凄く嬉しいんですけど、今回は相方がダメだったので複雑というか。実はネタも相方にアドバイスを貰ってたんです。正直、相方あっての僕のネタですから。ライバルと聞かれれば、野性爆弾の川島とかチュートの徳井君とかは同世代なのでやっぱり気になりますね。向こうは全く気になってないかも知れないですけど(笑)。漫談がありコントがあり、フリップ芸がある中で、僕は一番倍率の低い“ギャグ枠”で決勝に行ったので、準決勝で唯一芸風が被っていた代走みつくに君に報告して、喜びを分かち合いたいです(笑)。

―――――――― 『R-ぐらんぷり2012』

『R-ぐらんぷり2012』
3月20日(火) 後7:00〜 関西テレビ・フジテレビ系

司会:雨上がり決死隊、加藤綾子アナウンサー
審査員:桂三枝、高田純次、関根勤、ラサール石井、板尾創路ほか

OFFICIAL SITE

BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る