気鋭の映画作家として注目を集めた板尾創路の監督第2作は、古典落語『粗忽長屋』を題材にし、ファンタジックな騒動を独自の世界観で描き出す『月光ノ仮面』。そんな本作でヒロインを演じる石原さとみと板尾監督にリレーインタビュー!!

漠然と理解していた板尾ワールド

石原さとみ
石原さとみ 石原さとみ

──弥生という女性を演じる上で板尾監督からどのようなリクエストがありましたか?
【石原】  『板尾創路の脱獄王』(2010年)を先に観て、漠然とではありますが板尾監督の世界観が理解できていたので、脚本を読んだときからおもしろくなりそうだなって思っていたことを覚えています。最初の打ち合わせでは、「作品のなかで感情が一番動く人物が弥生なので、観客はそこに感情移入するから」と板尾監督から説明を受けました。それと、浅野(忠信)さん演じる岡本太郎さんが溺れているシーンでは、「命綱を手渡す場面が弥生にとって一番重要になる」とも言われていました。 ──板尾監督らしいシュールな世界観ですよね。撮影の進め方も独特な感じでしたか?
【石原】  作品全体の説明というよりは、個々のシーンの説明を丁寧にされていました。撮影を重ねていくなかでシーンが変わったこともありました。あるシーンの涙は、「悲しい涙でもうれしい涙でもなくて、悔しい涙だから」と解説をしていただいて。また、お守りを板尾さん演じる主人公にぶつけるシーンでは、「投げつけた後にひと言ほしい」とか、そういう細かい微調整をシーンごとにやっていった感じですね。演じる側にとっても言葉では説明しにくい作品だったので、そういう意味でも初めての体験は多かったと思います。 ──板尾監督にお話をうかがいましたが、確かに作品全体の説明はなかったですね(笑)。
【石原】  おそらくイメージが固まってしまうと、人って想像しなくなるからだと思います。ひとつの方向でしか観られないと、もったいないじゃないですか。その人が経験したこと、今抱いていること、今抱えている悩み、そういう想いがリンクして映画を観て初めて、その人なりの『月光ノ仮面』が出来上がる気がします。観た人が意味を想像することが映画の醍醐味だと思うので、それで教えてくれなかったのでしょうね(笑)。 ──『月光ノ仮面』を待っている皆さまへひと言お願いします!
【石原】  映画ってこういうものであってほしいなと思いましたね。映画館のスクリーンという別世界のなかで板尾ワールドに集中したときに、このダークファンタジーは何?と驚くと思います(笑)。まさに、テレビドラマや舞台では味わえない作品。そういうことを客席で考えられる映画は、映画館で観る価値がある、映画ならではのおもしろさがあります。映画が大好きな人にはとくに観てほしい、そういう映画になったと思います。

(文:鴇田 崇/写真:金子麻也)

次のページへ【ちょっと大人になった気がする】

PROFILE

石原さとみ
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン(2002年)でグランプリを獲得。
2003年、映画『わたしのグランパ』のヒロイン役でデビュー。以降、テレビドラマ、映画、CMなど幅広く活躍する。
2012年は、映画『月光ノ仮面』(1月14日公開)『貞子3D』(5月12日公開)『カラスの親指』(秋公開予定)などに出演している。

月光ノ仮面

ストーリー:
舞台は戦後、昭和22年。戦死したと伝えられた男が帰郷、男の正体は人気・実力ともに認められた落語家“森乃家うさぎ”。戦争で負った傷のため、顔を包帯で包み、一切の記憶を失くしていた。だがかすかな記憶を辿るように、男は空ろな口調で、得意としていた落語“粗忽長屋”をつぶやくのだった―。

監督:板尾創路
出演:板尾創路 浅野忠信 石原さとみ 前田吟

2012年1月14日(土)より角川シネマ有楽町、シアターN渋谷ほか全国公開
(C)2011「月光ノ仮面」製作委員会

  

BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る