新世代を担うお笑いコンビとして大活躍中のジャルジャル。コンビ結成10年目を迎える2012年は、新作DVD『ジャルジャルのいじゃら』をリリース!単独ライブ『ジャルりまくってんじゃねぇよ!!!』を開催!そんな勢いに乗るふたりが、2011年を振り返り、2012年の抱負をいつも通りの自然体(!?)で語る!

テレビでは絶対やらないネタが満載!

後藤淳平

福徳秀介

──これまでのDVDのタイトルは『“あ”じゃら』でしたけど、今回からは『“い”じゃら』ですね。ということは、次回は“う”という流れ?
【後藤】 多分、そういうことですね(笑)。
【福徳】 あるひとの提案で、楽でええやんって即決でした。 ──今回の収録コントは『おばはん絡み』以外はすべて初DVD収録ネタですよね。DVDに入れるコントはどうやって選んでいるんですか?
【後藤】 入れたいネタはたくさんあるんですが、バランスをみながらですね。入れたいネタばかりを入れるとDVD全体のバランスが悪くなってしまうので。 ──どのくらいの数のなかから11コントに絞ったんですか?
【後藤】 50ぐらいですかね。
【福徳】 でも、そこから絞る作業は早いんです。この1枚で終わるわけではないので、シリーズとして次のチャンスもあるかなと。ただ『おばはん絡み』はこれを逃すと……ということで、今回入れることに。特別好きなネタってわけじゃないんですけどね(笑)。
【後藤】 まあ、やっていて楽しいネタではありますけど。 ──各々、これは入れたい!などの希望はあったんですか?
【後藤】 『屁の足音』とかは時間が長いというのもあって、DVDに入れたかった1本ですね。テレビはネタ時間が決まってしまうので。
【福徳】 『放浪口笛師』もテレビでは絶対やらないネタ。テレビでやると「なんじゃコレ?」になるけど、DVDだからこそおもしろいというか。キンブオブコントの決勝では絶対にやらない(笑)。
【後藤】 10分以上のネタが(揃っているのが)DVDの見どころでもありますね。

ジャルジャルにとって2011年の一大事は?

ジャルジャル

──このDVDは結成10年目の年である2012年1月1日にリリースですが、改めて10年目に突入する気持ち、また2011年を振り返った感想もうかがいたいなと。
【福徳】 そうですね……僕のことじゃないですけど、(相方の)後藤が結婚したのはでかかったですね。
【後藤】 まあ、結婚したことは大きかったですけど、これがまたけっこう大変で(苦笑)。結婚式の準備とか、結婚後とか、仕事以外のことが大変でした。とにかく忙しかったです。 ──そんな大変な後藤さんを福徳さんはどんなふうにサポートしていたんですか?
【福徳】 忙しそうにしていましたけど、サポートはしていません(笑)。 ──(笑)後藤さんの結婚によって、ジャルジャルにも何か変化はありましたか?
【福徳】 見た目で明らかに変わったのは、やっぱり指輪の存在ですよね。どんなにバラエティ番組でふざけ合っても、左手薬指の指輪が目に入った瞬間、コイツ家族持ってるやん……って、急にテンションが下がるんです。今こうしてふざけているけど、コイツ真面目やん……って冷めちゃうんですよね。 ──それって、かなり女子的な感覚じゃないですか?ちなみに後藤さんはそれを聞いてどんな気持ちですか?
【後藤】 まあ、女子的な目線で僕のことを見ているんだなと(笑)、そういう視線は感じていました。 ──仕事においての2011年はどんな1年でしたか?
【福徳】 昨年に続いて今年もロンドンで単独ライブをしたんですけど、今年の方が世間的に注目してもらったのかなと。昨年は日本語だけで挑戦したんです。でも、今年は字幕を入れたり、(台詞に)英語を入れたりしたことで、お客さんの反応も笑いの数も全然違って。ネタによっては海外用に変えたりしたのもありますね。
【後藤】 2回しかやっていないですけど、楽しいですね。いい刺激になります。
【福徳】 外国人相手だとより表情を大きく(表現)しないと伝わらない部分もあるので、表情のリアルさだけではなく、大きさも大事だなと。お客さんは全員現地の人。全米ライブとかいいながらお客さんが日本人ばかりの公演とは違います(笑)。僕らはほんとにロンドン市民相手に公演していますから。

(文:新谷里映/写真:鈴木一なり)

次のページへ【20年目もきっとすぐに来る】



ジャルジャル
『ジャルジャルのいじゃら』

2012/01/01[DVD] ¥3,990(税込)
よしもとアール・アンド・シー YRBN-90322

   

ジャルジャルが2011年に東京で収録した初DVD化を含む厳選11コント!特典映像には、2011年に行われたロンドンでの単独ライブを全て収録。海外アレンジVer.で12コント!全23コントを堂々収録する。

BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る