よしもとスタイル Vol.1
どこよりも早い
進出者“最速”インタビュー?
カナリア
優勝したら水嶋ヒロに習って1000万返上します!

決勝戦のトップを飾るのは、初の決勝進出となる、水嶋ヒロ似の安達健太郎(ボケ)と天然キャラのボン溝黒(ツッコミ)のコンビ・カナリア。実力派と言われながらも、6年連続で準決勝敗退という苦渋を味わってきたコンビだけに今大会にかける意気込みはハンパない!

カナリア

――初の決勝進出おめでとうございます!
【安達健太郎】 イヤーやっとです! 準決勝で敗退という期間が6年。やっと決勝に立って勝負できるという気持ち。ようやく来たなと!
【ボン溝黒】 うん。嬉しいな。

――これまで、なぜ万年準決勝止まりだったのでしょう? 足りなかった部分とは。
【安達】 正直、今まではお客に受ける漫才や審査員に受ける漫才というのを常に考えていて、ブレていた感じがあった。でも今年は、自分たちが客席で観て面白いと思える漫才をやったんです。夏頃からずっとそれを意識してネタ作りもしたし。学生時代にダウンタウンさんなどを観て笑っていた自分を思い出して、あの頃の自分だったら笑うやろなというネタを作りました。

――準決勝では、かなり手ごたえもあったんですね。
【安達】 毎年結構あったんですよ。これでいかなかったらオカシイやろ!っていう手ごたえでもダメだったときもあるし。敗者復活戦でも一番受けたやろという時でもオードリーが行ったり…
【ボン】 正直“負け癖”みたいなのがついていて、呼ばれたときはウソじゃないかと。今でもドッキリかなって(笑)。でもさっき、スタッフさんから「叙々苑」の焼肉弁当を頂いて、これは決勝行かないと食えないなと思って、やっと実感しました!

――ネタ作りの意識が変わった一番のきっかけは?
【安達】 ブラマヨさんの優勝した時のネタ(05年)と、笑い飯さんの去年の“鳥人”のネタを観返したんです。そしたら、自分がやっていることは変に“置きに”いっていたんじゃないかって。なんか、カッコ悪いなって。もっと思い切り自分たちが面白いと思う漫才を、大声でやった方がいいって気付いたんですよ。
【ボン】 今年が一番漫才をやっていて楽しかったな。

――じゃあ、準決勝も緊張せずに行けた?
【安達】 いや、ボンが緊張しすぎて、口からドブみたいなニオイがしました(笑)
【ボン】 もう本当に、口の中が乾いちゃって。

――安達さんは水嶋ヒロ似ということで、水嶋さんも小説が賞を取ったりと、風が吹いてますよね?
【安達】 そうですね! あとは優勝して、僕も1000万円を辞退するだけです。まぁ、大人たちの顔を伺いながらですけどね(笑)。

――ずばり、優勝を目指すには何が必要か?
【ボン】 安達くんは出来上がっているので、後は僕次第ですね。体調を整えて本番にね。
【安達】 あんま関係ないかな(笑)。横におって笑といてくれたらええから。

―― 一番手というのは不利にはならない?
【安達】 皆さん嫌がるんですけど、思いっきりいこうかなと。スリムクラブのワケ分からん漫才の後よりは良いかなって(笑)。

【カナリア プロフィール】

【芸人顔検索】


ジャルジャル
ナイナイ岡村さんには絶対決勝に行けないと言われてました

『キングオブコント2010』ファイナリスト、『めちゃイケ!』新メンバーと波に乗る、後藤淳平(ボケ)と福徳秀介(ツッコミ)によるジャルジャル。今年を締めるに相応しいM-1初の決勝戦進出は来年の更なる飛躍への重要な分岐点となる。漂々とした受け応えながらも、内に秘める闘志は誰にも負けない!

ジャルジャル

――4年連続での準決勝敗退から念願の決勝進出ですね!
【後藤淳平】 いやー良かったっすね〜。やっと出れるなって。
【福徳秀介】 最初はやる気マンマンで受けたワケじゃなかったんですけど、3回戦くらいからマジになってきて、決勝行けちゃってビックリというか。
【後藤】 今まではコント以外を観てもらう機会が少なかったので嬉しいですよ。

――03年のM-1では3回戦敗退だったのですが、そのときの悔しさをいまだに引きずっているそうですね。
【後藤】 はい。メチャクチャすべりましたから(笑)。2回戦では結構ウケてたんですけど、3回戦はもう酷くて。改めて、M-1って怖いなって。家族でM-1を観てたんで、この画面の向こうに入れたら親孝行やなって思っていたんですよ。最後の最後に滑り込めてよかった。

――今年でラストイヤーとなるM-1。当然出るからには優勝を狙って?
【福徳】 ラストチャンスですからね。優勝するしかないなっていう気持ちは強いです。優勝できなかったらM-1への後味も悪いですから。

――ずばり自信は?
【福徳】 そうですね。8年芸人やってきて、いろいろ考えて、回りの状況なども考慮して…100%ですね。冷静に考えて。
【後藤】 確実にいえるのは50%です。どう転ぶのか楽しみ。

――今年は本当に飛躍の年だったと思いますが?
【福徳】 今年の初詣でおみくじ引いたんですよ。そうしたら大々吉だったんですよ! 大吉の更に上らしいです。M-1の結果次第ですけど、優勝出来たらまさに大々吉のおかげかですね。
【後藤】 でも、ナイナイの岡村さんに『めちゃイケ!』メンバーに選ばれたんだから、M-1の決勝には絶対行けないって言われてたんです。早く報告したいですね!

【ジャルジャル プロフィール】

【芸人顔検索】


BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)