ORICON STYLE

Check 2010年11月05日
市川知宏 Special Interview
気遣い屋のマイペースな“鉄食男子”!?
一瞬一瞬気を抜かないように演技しています
市川知宏の写真
市川知宏の写真

――初主演ドラマ『クローン ベイビー』が10月からスタートしましたが、撮影はいかがですか?
【市川】 大変ですね。CGが多用されているので、そのぶんいろんな角度から撮影しているんです。30分ドラマなのですが、いつも1時間ドラマ以上の内容を撮影していますし、第1話の冒頭シーンだけでも丸1日かかったぐらい、スタッフさんが1つひとつにこだわを持って撮っているので、僕も一瞬一瞬気を抜かないように演技しています。

――ギュっと凝縮されているわけですね。このドラマでは乱闘シーンとか、結構ハードな場面が多いですよね。
【市川】 乱闘シーンで飛ばされるところとかは、ワイヤーを使っているんです。僕はまだ1回しか使ってないんですけど、ワイヤーアクションもすごく大変で、時間がかかるんです。でも、そのぶんおもしろい仕上がり、インパクトが強いドラマになっていると思います。

――映像も斬新ですし、展開もスリリングでそれこそ一瞬一瞬、見ているほうも気が抜けないという。その中で、市川君は主人公・正宗に対してどのような演技、立ち位置で臨んでいますか?
【市川】 同じクローンでもヤンキーだったり、殺人鬼っぽかったり、謎の人物だったり……周りが個性的な人物ばかりなので、僕が演じる正宗はわりと普通な青年なんです。いじめにあっていて、それで自殺をしてしまうんですけど、クローン人間として生まれ変わって、イス取りゲームに関わって行くなかで、彼はどんどん強くなっていくんです。だから、最初は情けなくて弱々しい部分を強調して演技していたんですけど、そこから回を重ねていくにつれて変化していく正宗の人間的な成長、その過程を演技でもみせていけたらいいなと、自分自身と格闘しているところです。

――このドラマでは人間の本質、奥底にあるえぐい部分が表面化されていて。映像での衝撃のみならず、脳内を刺激する非常にシリアスな内容となっていますね。
【市川】 僕自身、演じていていろいろ考えさせられますし、改めて人間って怖いなって思いました。


僕、すべてが裏目に出てるみたいで……
市川知宏の写真
市川知宏の写真

――市川君自身はどんな人?不思議君という噂をチラホラ聞いているのですが。
【市川】 (即座に)それは嘘です!あの〜僕から言わせてもらえば、みなさん不思議なんですよ。共演者の方達もそうですし…。

――ちなみに喜怒哀楽の感情の中で一番自分の中で占めているなと思うのは?
【市川】 「哀」ですね。

――「哀」?それは意外な。
【市川】 結構僕、ネガティブなんですよ。例えば、マイクロバスに乗っていて、ドアを思い切りバンって閉めてしまったあとに、みんなが心の中で嫌な思いしてたらどうしよう〜って考えてしまったり。

――気遣い屋さん?
【市川】 つねに周りの反応とか気になりますね。自分がこうしたら相手はこう思うのかな?って。その想像が毎回ネガティブなほうにいってしまうんです。

―― 一見、「楽」なイメージがするけれど。
【市川】 よくマイペースで、つかみどころがないって言われるんですけど、実は僕なりに気を遣っているんです。あと、最近テキトーって言われたり……どうやら僕、すべてが裏目に出てるみたいで……。

――周りに対するアンテナが発達しすぎて、いらないものまで察知しちゃっうとか。
【市川】 どうなんでしょうね。5メートルぐらいの至近距離だったら大丈夫ですけど(笑)。昨日もお味噌汁を食べるシーンがあったんですけど、汁が減るとシーンのつながりがあるから、僕なりに気を遣って、汁を飲まないようにして、ひたすら油揚げばっかり食べていたんです。そうしたら、お父さん役の松重(豊)さんにバレてしまって。

――気を遣ったつもりなのに。
【市川】 いつもそんな感じなんです(苦笑)。でも、(目をキラキラさせて)油揚げに染み込んだ味噌汁が異様にうまかったんですよ〜!

――マイペースな気遣い屋さん(笑)。
【市川】 いや、気遣い屋のマイペースでお願いします(笑)。順番が大事なので(笑)。

(文:星野彩乃)
クローン ベイビー
(C)TBS

同じ遺伝子を持つクローン人間たちが「ひとつのイス」をかけて壮絶なバトルを繰り広げる、ヒューマンサスペンス&高速ミステリー。同じ遺伝子を持つ人間は、どんなに離れていても互いに引き寄せられ、出会うということ。また、引き寄せられたクローンたちはお互いを排除しようと殺し合うこと。「磁石の法則」と「排他の摂理」ーこの2つの法則により、“運命の赤い糸”のごとく引き寄せられていくクローンたち。それぞれの思惑、駆け引き、そして奪い合い――。それは、同じ遺伝子を持ったクローンたちに、生まれながらにして架せられた運命…。

【Cast&Staff】
脚本:中山智博/野高みゆき/池田奈津子/大林利江子
音楽:仲西匡
音楽プロデュース:志田博英
チーフプロデューサー:伊與田英徳/杉山剛(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
プロデューサー:川嶋龍太郎/佐藤敦司
演出:川嶋龍太郎/岡本伸吾/湯浅典子
主題歌:HURTS「Better Than Love」
出演:市川知宏松坂桃李滝裕可里/山ア賢人/菊田大輔/稲葉友 ほか
放送日:毎週金曜日 深夜0時20分〜0時50分

OFFICIAL SITE
PROFILE

【生年月日】1991年9月6日
【血液型】A型
【身長】185cm
【出身地】東京都

2008年、『JUNONスーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞。
2009年8月1日から放送されたフジテレビ系『オトメン(乙男)〜夏〜』に出演。
2009年10月13日から放送されたフジテレビ系『オトメン(乙男)〜秋〜』に出演。
2010年1月から3月、日本テレビ系『曲げられない女』に出演。
2010年5月15日より公開された映画『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』に出演。
2010年9月11日より公開された映画『恋するナポリタン〜世界で一番おいしい愛され方』に出演。
2010年7月から9月、日本テレビ系『ホタルノヒカリ2』に出演。
2010年10月8日からスタートのTBS系Friday Break『クローンベイビー』に出演。

ARTIST PAGE COMMUNITYOFFICIAL SITE