ORICON STYLE

2009年07月08日
仲間由紀恵 Special Interview 『ごくせん』7年間の集大成!伝説の卒業生も集結!ヤンクミ、最後のジャージ姿「熱いメッセージを受け取って」

 赤いジャージ、メガネ、おさげ髪がトレードマーク。仲間由紀恵演じる、ちょっとさえない型破りな熱血教師・ヤンクミこと、山口久美子が不良生徒たちに伝えるメッセージは“友情”“家族”“夢”・・・。2002年4月からテレビドラマとしてスタートした『ごくせん』は、ときにその内容が「今どき?」と思われながらも、生徒とまっすぐに向かい合い、魂で語りかける熱すぎるヤンクミの姿が、子供からお年寄りまで幅広く共感され、愛され、感動を与え、そして大きな支持を受けた。『ごくせん』は、物事に熱くなることが避けられがちな、ある意味冷めた時代だからこそ受け入れられた、国民的ドラマといえるかもしれない。

 放送開始から6年、そんな大ヒットドラマは2008年の第3シリーズで完結。そして2009年、いよいよ7年間の集大成となる“ヤンクミ最後の雄姿”が、スクリーンで描かれる。惜しまれながらも、シリーズファイナル映画『ごくせん THE MOVIE』が幕を開ける。

ヤンクミ大解剖
(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会
「今日は缶蹴り大会をやります・・・」

手に負えないワルばかりが集まる3年D組。その担任ヤンクミは、マイペースでちょっととぼけた天然キャラ。しかし、まわりの不安をよそに何が起きてもビクともしない。

(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会
「私はその生徒の担任の先生だよ」

ヤンクミの実家は、任侠集団・大江戸一家。そのことを隠しながら、持ち前の正義感と腕っぷしの強さで、生徒たちが引き起こす、巻き込まれる、あらゆる事件を解決する。その過程では、ときに腕力にものをいわせることもあるが、かならず筋を通す。

(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会
「夕日に向かって走るぞ!!」

ヤンクミが、生徒たちに熱く説くのは、友情や夢。ヤンクミをうっとうしく思い、彼女の言動を暑苦しく感じる彼らも、やがてその大切さ、つらぬき通すことの意味を理解する。自らの行動で、そのことを示すヤンクミの姿から・・・。

仲間由紀恵、シリーズ完結への思い
(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会

第1シリーズで新人教師からスタートし、私も7年間ヤンクミとともに成長することができたと思います。いろいろなことが勉強になりましたし、たくさんの方にいろいろな思いを返したいという願いも出てきました。ヤンクミの正装、ジャージ姿も今回で見納めになります。いつもどおりのヤンクミを心がけて演じました。今回の映画でも変わらない『ごくせん』らしさが、1つひとつのシーンにたくさん詰まっています。熱いメッセージを受け取ってください!!

PROFILE

仲間由紀恵(なかまゆきえ)
1979年10月30日生まれ。沖縄県出身。 主な出演テレビドラマは、『ごくせん』シリーズ(日本テレビ系)『トリック』シリーズ(テレビ朝日系)『功名が辻』(NHK)『ありふれた奇跡』(フジテレビ系)など。主な出演映画は『リング0〜バースデイ〜』(2000年)『トリック 劇場版』(2002年)『大奥』(2006年)『私は貝になりたい』(2008年)『ごくせん THE MOVIE』(2009年)など。

ARTIST COMMUNITY
ごくせん THE MOVIE
(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会

【ストーリー】
熱血教師ヤンクミこと山口久美子が高校教師になって7年が過ぎていた。1年前から赴任している赤銅学院高校では、教え子の緒方大和らも無事卒業し、久美子は新たに3年D組の担任になっていた。ある日、赤銅学院に教育実習生が来ることになった。なんとその実習生は、久美子の黒銀学院時代の教え子、小田切竜だった。そんな中、3年D組の望月純平らが街でチンピラにからまれ、駆けつけた同じクラスの高杉怜太がチンピラを撃退する。久美子は、それを知った校長から「今度生徒がトラブルを起こしたら辞めてもらう」と告げられる。一方、春に卒業した教え子、風間廉に覚せい剤取引の疑いがかけられる。その背後には、驚くべき黒幕がいた・・・

監督:佐藤東弥
出演:仲間由紀恵 亀梨和也 生瀬勝久 木雄也 三浦春馬 石黒英雄 中間淳太 桐山照史
三浦翔平 玉森裕太 宇津井健 ほか

2009年7月11日(土)より全国東宝系ロードショー
(C)2009「ごくせん THE MOVIE」製作委員会

OFFICIAL SITE