ORICON STYLE

吉田豪のギリギリレビュー!! Vol.7 深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』

『ブックオフ』から“お宝”を発掘する事にかけては他の追随を許さない人気コラムニスト・吉田豪。そんな彼が、今後100円均一のワゴンセールに埋もれてしまうにはあまりに惜しい名曲&珍曲を毎週紹介!

キング・オブ・アイドル(偶像)!! オモシロ教祖・深見東州とは?

深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』
深見東州
『アメリカンポップス&
J-POPS・ライブ名曲集』

 毎回、アイドル系のCDばかり紹介しているこの連載ですが、これもまたいろんな意味でアイドルなので紹介したいと思います。「オペラ歌手・深見東州が歌うアメリカンポップスとJ-POPSのライブ名曲集」とジャケに書かれていて、J-POPSというフレーズが妙に新鮮だったりするんですが、なぜこれをバーゲン棚から抜いたかというと、ただのオペラ歌手じゃなくて、実は神道系の宗教団体・ワールドメイトの教祖・深見東州(現在61歳)のCDだから! アイドルを直訳すると「偶像」のなわけですけど、教祖はまさにキング・オブ・「偶像」だから、これこそ真のアイドルポップなんですよ!

 深見東州とは、かつて90年頃に深見青山名義で足うら診断をやったり、コスプレ&変名による美川憲二『悪霊おだまり』や夏目そうしき『我輩は霊である』、フランソワーズ・ヒガン『金しばりよ、こんにちわ』などの著書で知られる、まあちょっと変わったタイプの教祖なんですよね。支部の名前も「本タラバ毛ガニ手足バタバタ・忍者走り!!北海道エリア本部」「ジャンジャン行けそんなこと言ったらマッキンリーまで行きますよ東北エリア本部」「完熟トマトあちらにポロリこちらにポロリ、結局畑はトマトだらけ何て真っ赤な幸せ新宿エリア本部」「稲びかり!恋びかり!金びかり!イケメンびかりの横浜エリア本部」「戎が笑う大黒が笑うみんなが笑うわっはっはっはっはっはエリア本部」「あれもしんさいこれもしんさい心斎橋エリア本部」「ナスビー誕生キュウリ誕生玉ネギ誕生ニンジン誕生ゴボウ誕生キャベツ誕生高松エリア本部」「熊蜂ぶんぶん蜜蜂ぶんぶんロイヤルゼリー熊本エリア本部」なんて感じのふざけたものばかりで、「みんなひょうきん東京エリア本部」というのがシンプルで普通のネーミングセンスに思えてくるほど。

 で、この深見東州は公式プロフィールによると書道でも華道でも茶道でも陶芸でも俳句でもファッションデザイナーでもとんでもない実績を残しているそうで、ギャグ研究家を名乗って『深見東州のウルトラギャグ大爆発!!』などの本やギャグDVDを多数リリースし、TwitterではレオナルドTOSHUや作家活動時の戸渡阿見名義でダジャレを連発。本名の半田晴久名義では『みすず学苑』の学苑長も務めている。あの学校の広告がふざけたコスプレばかりなのは、そういうことなんですよ!

 そんな深見青山は40歳で音大を受験し、97年に46歳でオペラ歌手としてデビュー。自ら経営するたちばな出版から次々とCDをリリースしていき、08年には小林旭に楽曲提供するまでになるんですが、これは07年リリースのアルバム『ダニー・ボーイ』と『涙そうそう』をカップリングさせた作品というわけです。

 1枚目の『アメリカンポップス』編は、「アズ・タイム・ゴー・バイ」や「アンチェインド・メロディー」といった定番曲やエルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」なんかをオペラ歌唱で歌い上げるパワフルさが最高! 「イマジン」なんて、天国も国家も宗教もない平和な世界を想像してごらんと呼び掛ける歌を宗教団体の教祖が熱唱するという、不思議な展開に爆笑しました! そもそも、ジョン・レノンはアメリカンポップスじゃないよ!

 そして2枚目の『J-POPS』編は、シングル・カットもしている「千の風になって」(秋川雅史)や「乾杯」(長渕剛)とか「少年時代」(井上陽水)から、「宇宙戦艦ヤマト」(ささきいさお)や「アジアの純真」(PUFFY)に至るまで、とにかく全部おかしなことになってます! 個人的なベスト・トラックは「赤いスイートピー」(松田聖子)で、微妙にテンポがズレた、それでいて異常に堂々とした歌い方も見事! What's Love&BONNIE PINKや平野綾も在籍したSpringsや綾瀬はるかのバージョンも絶品だったけど、全然負けてない! 

 ちなみに10年には『ダニー・ボーイ』にボーナストラックを追加した『深見東州ゴールデンポップスを歌う』がリリースされたんですが、監修&解説の湯川れい子先生が「こんな歌い手さんが日本にいたなんて驚きです! 実に素直で、丁寧で、その楽曲に対する心からの敬意と愛情が感じられる、優しく暖かい歌声であることに、びっくりさせられます」とコメントしてるみたいですけど、さすがにそれはちょっと言い過ぎのような気がします! 

今週の1曲

深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』

深見東州『アメリカンポップス&
J-POPS・ライブ名曲集』
(08年/たちばな出版)
97年に46歳でオペラ歌手としてデビューした深見東州がリリースしたカバー集。洋楽篇ではエルヴィス・プレスリーやジョン・レノン、邦楽篇では秋川雅史や長渕剛、さらに松田聖子まで大胆なアプローチでカバーしている。

BACKNUMBER

■Vol.12 お菓子づくり『傘と王子と日曜日』
タワレコ社長も注目(!?)の地下アイドル
■Vol.11 Negicco『Negicco 2003〜2012 -BEST-』
苦節10年、Negiccoの魅力とは!?
■Vol.10 深田恭子『Dear…』
深田恭子の実験的過ぎたインストアルバム
■Vol.9 古川未鈴『リモコン・ディスコ』
最注目アイドル・でんぱ組.incメンバーによる自虐アルバム
■Vol.8 PSG『ピコピコサウンドジェネレーション』
AKBの次はPSG!?
■Vol.7 深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』
キング・オブ・アイドル(偶像)!! オモシロ教祖・深見東州とは?
■Vol.6 小夏・ひとみ・レイナ 『てのひらを太陽に』
何かと話題(!?)の2世タレントで結成された画期的ユニット
■Vol.5 SONO 『時の糸』
謎の歌手・SONO、その素性とは!?
■Vol.4 天然少女EX 『天然少女EX』
ヒットーメーカー・中田ヤスタカによる幻の珍曲!?
■Vol.3 amtm 『恋はビヨーン』
埋もれるには惜しい才能・湧口愛美の“口笛ソング”とは!?
■Vol.2 MUSASHI’S featuring P-A 『だいすき!!』
“ももクロ”大ブレイクのきっかけは「猫版ボーカロイド」!?
■Vol.1 Blend×Friend 『ブレンド×フレンド70'S』
泥沼“離婚闘争”中の美元が歌う結婚ソング!

プロフィール

吉田 豪(よしだ ごう) プロ書評家、プロインタビュアー、コラムニスト。徹底した事前取材を元にした有名人インタビューで知られており、インタビュー集を複数出版。またアイドルにも造詣が深く、メジャーからアンダーグラウインドまで幅広く研究。独特な切り口からインタビュー集やコラムなどは熱狂的なファンも多く、福山雅治を筆頭に芸能界からの支持率も高い。

PROFILE 吉田 豪Twitter

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス