ORICON STYLE

  • トークを映像で観る!!
  • 写真とテキストで読む!!

男の子が憧れる強いヒーロー

──剣心役のオファーをもらったときの感想から聞かせてください。 【佐藤】 びっくりしましたね。小さな頃からアニメも観ていたし、漫画も読んでいました。友だちと技をかけて遊んだりもしていた、大好きな作品だったので、とにかく驚きました。

──剣心のどういうところが好きだったんですか? 【佐藤】 男の子が憧れるヒーロー的キャラクターで強いところですね。男の子って、技をかけあったりするのが好きなので。

──佐藤さんの今の年齢で感じている剣心の格好良さはどんなところですか? 【佐藤】 強いだけじゃなく余裕のあるところですね。小さなことで怒ったりしない、大切な人のためだけに怒る、自分にどんなことが降りかかっても怒らない、そういう余裕を持っている剣心は男からみても格好いい。なかなかそんな余裕は持てないですよね(笑)。

──剣心を演じきったということは、佐藤さんにもその格好良さは確実にあると思いますが……。 【佐藤】 全然ないです(笑)。

──あるはずです!実際の佐藤さんはどんな性格なんですか? 【佐藤】 仕事以外のときは、わりと気分屋ですね。楽しいときは楽しく過ごすし、疲れているときは疲れているのを隠したりしない。友だちに会いたいと思えば会いに行く、自分の欲求に素直に従うタイプ。あと、友だちからは、僕がよく食べるのが意外だって言われます(笑)。みんなはもうお腹いっぱいだけど自分だけまだ全然で、もうちょっと食べたいってことがよくあるんです。今回の現場でもよく食べていましたね。「お前、まだ食べられるだろ?」って香川さんによく言われていました(笑)。僕と(相楽左之助役の)青木崇高さんはホントよく食べるんです。

──今回の撮影では、みんなで食事に行くことが多かったんですか? 【佐藤】 よく行きましたね。せっかくの京都での撮影なので、食事も満喫したいなぁと思っていて。ただ、今回はアクションがメインで毎日ものすごく身体を動かすので、食事は肉料理が多かったです。タイミングが合うときはみんなで食事に行くんですけど、3日連続焼肉とかもありました(笑)。食事以外でも現地でオフの日は、みんなで朝から映画を観に行って、その後に銀閣寺を見に行ったり。楽しい現場でしたね。

武井咲さんの意外な一面!どっちがタイプ!?

──薫役の武井咲さんとの共演について伺います。武井さんはどんな女優さんでしたか? 【佐藤】 撮影当時、武井さんは17歳だったと思うんですけど、17歳とは思えないほど大人でしたね。話し方も考え方もしっかりしていて。休憩時間に(高荷恵役の)蒼井優ちゃんと「17歳じゃないよね?何がそうさせているんだろうね?」って、なぜあんなに大人びているのかを、こっそり研究していたんです(笑)。蒼井さんといろんな理由を出し合って、最終的には、とても素敵な家族のなかで育ったからなんじゃないか?という結論に到達しました。きっと素敵なご両親なんだろうなと。

──なるほど。たしかに、今回の薫という役柄は武井さんにぴったりですよね。 【佐藤】 ですよね。所作とか特有の動きに関してはかなり練習していたみたいです。でも、それもしっかりと身につけてスクリーンに映し出されていましたから。

──大人な武井さんの、共演者だからこそ知っている意外な一面があったら聞かせてください。 【佐藤】 何かのきっかけで、みんなで「あっち向いてホイ!」をやったことがあったんですけど、武井さんの“あっち”の向き方がすごくおもしろくて。普通に首を左右上下に動かすんじゃなくて、思いっきり“あっち”を向くというか。そんなに力込めなくても……っていう感じで(笑)。

──そんな姿もまた可愛いんでしょうね。 【佐藤】 そうなんです。ホントに笑顔が素敵ですね。

──ちなみに、佐藤さんは神谷薫と高荷恵、どちらの女性がタイプですか? 【佐藤】 薫ちゃんですね。アニメを見たり漫画を読んでいたときから僕は薫ちゃんが好きで。あのツンデレなところがいいですよね。ある意味、僕の理想の女性です。すごく強がっているのに実は弱いところがある、わりと一般的なヒロイン像ではあるんですけど、そういうのが好きなんです。自分の好きなキャラクターである剣心を演じることができて、さらに目の前には薫ちゃんがいる──ほんとに幸せな現場でした。

──恵の魅力についても一言お願いします。 【佐藤】 恵は、とにかく妖艶ですよね。誘惑されたい感じです(笑)。演じている蒼井さんがすごいと思ったのはその役作り。恵を演じるにあたって眉毛を金髪にしているんですけど、本当は全部抜きたかったらしいんです。周りのスタッフに止められたって聞きました(笑)。芝居が上手いのはもちろんなんですが、映画ではそんな蒼井さんの工夫が活かされていて、(原作とはまた違う)おもしろい恵を見ることができると思います。

──ほかのキャラクターの佐藤さん的注目ポイントを教えていただけますか? 【佐藤】 個人的に見どころだと思っているのは、(斎藤一役の)江口洋介さんが放つ技“牙突”のシーン。というのは、牙突は漫画のなかでもかなり人気の高い技で、あれを映画で見られるのか!という嬉しさはありましたね。そして、香川さんの怪演!シークレットブーツもそうですけど、差し歯にメガネに……もう完全に顔が違う(笑)。すごいです!

(文:新谷里映/写真:逢坂聡)

プロフィール

佐藤健 1989年生まれ、埼玉県出身。2007年『仮面ライダー電王』で初主演を飾りブレイク。ドラマ『ROOKIES』『NHK大河ドラマ龍馬伝』『Q10』、映画『BECK』など話題作に出演。2011年エランドール賞新人賞受賞。今年は初舞台にも挑戦。2013年、綾瀬はるかとのW主演映画『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(監督:黒澤清)の初夏公開が控えている。

Profile詳細  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■第4回:佐藤健インタビュー その二(最終回)
 『ギリギリの状態でないと出ないものを引き出した』
■第3回:武井咲インタビュー
 『撮影現場で見た!佐藤健さんの想像できない裏の顔!?』
■第2回:香川照之インタビュー
 『オフの佐藤健&武井咲の素顔は意外な…!?』
■第1回:佐藤健インタビュー その一
 『武井咲さんの意外な一面!どっちがタイプ!?』

るろうに剣心

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられていた伝説の剣客・緋村剣心。彼は明治という新しい時代の訪れとともに姿を消し、「不殺(ころさず)」の誓いをたて、流浪人として旅をしていた。ある日、「神谷道場」の師範代をつとめる薫を助けたことから薫のもとで居候することになるが、その頃、街では剣心のかつての呼び名・抜刀斎を名乗った人斬り事件が勃発していた……。

監督:大友啓史
出演:佐藤健 武井咲 吉川晃司 蒼井優 江口洋介 香川照之

2012年8月25日(土)全国公開 8月22日(水)、23日(木)、24日(金)先行上映決定!
(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

予告編 OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス