• ホーム
  • 芸能
  • 栗原類『末来の自分を考えるきっかけになった』

栗原類『末来の自分を考えるきっかけになった』

大ヒットライトノベル『僕は友達が少ない』が待望の実写映画化! 原案の世界観はそのままにオリジナルストーリーを展開する本作は、10代の心の風景をダイナミックに映し出す学園もの。ひとりぼっちの主人公・小鷹(瀬戸康史)と敵対する生徒会長・西園寺を演じた栗原類に友だちをキーワードにインタビュー!! ヒリヒリするほどリアルな心情を語ってくれた!

空気を読めない…というより読まないタイプ

──タイトルからして印象的で興味をかき立てられる作品ですね。台本を読んだときはどんな感想を持ちましたか?
栗原今までで一番あたまと心、両方で考えさせられた作品でした。物語は“リア充”に見えて実際は“非リア”なひとたちや、外見のイメージと実際の自分とのギャップに悩むひとたちを描いているんですが、その辺りはとくに共感しました。きっと、誰しも似たような経験があると思います。今回この作品に出演させていただいたことで、過去の経験を振り返ったり、末来の自分についても考えるきっかけになったと感じています。

──主人公と敵対する生徒会長・西園寺役は演じてみていかがでしたか?
栗原演じるうえで、西園寺の心のなかをのぞいてみようといろいろ考えていたんですが、難しくて落ち込むことが多かったです。お芝居に100%の答えはないとはいえ、撮影中は日々感じたことをメモして、部屋でひとりで考え込んだりしていました。現場で及川拓郎監督に相談もしましたが、やっぱり難しかったです。

──今回は栗原さんの意外な一面が見られる、貴重なアクションシーンもありますね。
栗原いやー僕、カラダ硬いですね(笑)。人を殴るなんてまったく経験がないので、アクション監督と話し合いながら準備をしたんですけど、わからないことだらけでした。

──瀬戸康史さんはじめ共演者の方々とはゆっくりお話されました?
栗原はい。僕から「似顔絵を描いていいですか?」と話しかけて、みなさんの絵を描いたりしていました。初日の撮影終わりには、瀬戸さんとふたりでお好み焼き屋で食事もしました。そのときは、遅れてほかのキャストやスタッフも全員集まってきて、最終的には大勢で盛り上がりました。

──そういうシチュエーションだと、栗原さんも一緒にワイワイするんですか?
栗原現場によって立場を考えますね。ワイワイすべきなのかどうか、とか。

──じゃあ場の空気を読むタイプですか?
栗原逆ですね、空気を読めないタイプです。というより、読まないタイプ。

──あ、それはどことなく感じられるような……。
栗原やはり感じましたか……?(笑)まあ、空気を読む読まないは置いておいて、その日はけっこうお話しました。

こんな性格で末来へ向かってもいいのか…

──大勢の同年代とずっと一緒の現場というのはいかがでしたか?
栗原こんなに長い間若い方々と触れ合う撮影は初でした。やはり、みなさん元気があっていいなあと思いましたね。ただ僕の場合、同年代の方々との共演は緊張するんです。ましてや芝居経験の豊富な方々ばかりだったので、「僕が混ざっていいのだろうか」という不安もありました。高校時代に同世代の友だちがいなかったせいだと思いますが、初対面の場合は離れた年代の方のほうが身構えずにいられます。今でも知り合いは30〜40代の方のほうが多いんです。友だち全体の数は少ない方かもしれません。

──今作に出たことで、「友だちとは何か?」ということも考えましたか?
栗原そうですね。友だちはいないと孤独を感じる。でもたとえ友だちがいても、自分で自分を好きになれない限り、孤独感は消せないのではないかとも思いました。そのはざまで無理に自分を納得させている人は実は多いんじゃないかと思っています。とくに10代には多いような気がしますね。

──先ほど、末来の自分についても考えたとおっしゃいましたが、それはどういうことですか?
栗原このままでいいのだろうかということです。こんな性格で末来へ向かってもいいのか……。でも、無理して変える必要はないかなという結論に達して落ち着きました。

──そう思えるのは自分の世界を持っているからこそなのかなと感じます。ご自身が影響を受けた映画や本を教えていただけますか?
栗原パッと思いついたのは、作家のスティーブン・キング。でも、それもどの程度かわからないです。幼い頃からの経験、たとえばひとと接するのがうまくなかったこととか、大人の友人がいたこととか、いろいろな経験が合わさって今の自分ができているのだと思います。

──映画のテーマとも通じることだと思いますが、栗原さんは“友だち”というものに対する捉え方が広いですよね。
栗原正しい定義が存在しないからだと思います。この映画を観るひとも、きっと一人ひとり捉え方はちがうんじゃないでしょうか。だから、改めて友だちの意味を考えさせられるひとも多いと思います。作品を通じて仲間と自分の関係を見つめ直したり、自分次第で孤独の感じ方が変わることを実感したり、見方は様々です。でも、どんな小さなことでもいいから自分を好きにならないと友だちは作れない。僕はそう思っています。

──栗原さんは自分のことは好きですか?
栗原はい。


──この作品を見たら、みんなが自分を好きになるエネルギーを得られそうですね。
栗原そう願いたいです。

(文:奥浜有冴/撮り下ろし写真:草刈雅之)

僕は友達が少ない

 聖クロニカ学園2年・羽瀬川小鷹。ハーフで金髪、目つきが悪く、その上人見知り。さらに、あらぬ誤解ばかりで彼には友達がいない。ある日の放課後、教室で一人、“エア友達”と話をしている三日月夜空と出会う。彼女もまた、そのキツイ性格と口の悪さから友達がいなかった。本当の友達が欲しいと願う小鷹と、友達がいない寂しいヤツと思われたくない夜空。互いの目的を果たす為に夜空が思いついた手段、それは、友達作りを目的とした「隣人部」という部活を作る事だった!小鷹の戸惑いをよそに活動を始めた彼らの下に、意外にも入部希望者が続々と集まってくる。

 巨乳のお嬢様・柏崎星奈、天才発明家にしてド変態・志熊理科、女性の容姿で真の男子を目指す・楠幸村。さらに、10歳にして隣人部の顧問となったシスター・高山マリア、小鷹の妹・羽瀬川小鳩が加わり、個性の強すぎる面々が隣人部に揃った。協調性のかけらもなく、自分勝手に活動を続けていく隣人部の生活も、学校や家に居場所のなかった彼にとって、不思議と居心地の良い場所となっていった。
 そしてある日、手を出してしまった“禁断のゲーム”が、彼らの運命を変える――。

監督:及川拓郎
出演者:瀬戸康史 北乃きい 大谷澪 高月彩良 栗原類
【映画予告編】 【公式サイト】
2014年2月1日(土)全国ロードショー
(C)2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会

関連リンク

栗原類 撮り下ろし☆PHOTO GALLERY☆
「残念」でも「真っ直ぐ」な青春―映画予告編

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!