• ホーム
  • 芸能
  • 五郎丸、幼少期のキュートな写真を公開 30年の歩みを振り返る

五郎丸、幼少期のキュートな写真を公開 30年の歩みを振り返る

 ラグビー日本代表の五郎丸歩選手(30)が出演するボディウォッシュ『ビオレu』(花王)の新WEBムービー「五郎丸さんいくつになっても展」が公開された。ムービーには1歳の頃から現在までの様々な五郎丸選手が登場、今まで見られなかった意外な一面を垣間見ることができる。

お遊戯会でダンスする写真も!! キュートな五郎丸満載

 同ムービーは「人生にはきっとある。いくつになっても変わらないものが」という投げかけから始まり、五郎丸選手の生い立ちを振り返りながら“いくつになっても健康肌は弱酸性である”ということを表現した、ユーモアの溢れる作品。普段はなかなか見られない五郎丸選手のプライベート写真が次々と登場する必見ムービー。
 今と変わらぬ目尻の長い瞳でカメラを見つめる1歳の頃や、ラグビーを始めた3歳の頃の小さな五郎丸選手、さらにはお遊戯会で一生懸命にダンスを披露する5歳の頃の姿など、今では男らしい五郎丸選手の可愛らしく、微笑ましい写真が続く。

夢はラグビー選手じゃなかった!? 意外な一面公開

 さらに9歳になり、男らしく成長した五郎丸選手が登場したかと思えば、手に持っているのはラグビーボールではなく釣り竿。「釣りが大好きで、本気で漁師になりたかった」という意外なエピソードも飛び出し、五郎丸選手の意外な一面を発見。
 “ラグビー日本代表の五郎丸選手”になる一歩手前、17歳の五郎丸選手は「海外遠征で海外との壁を思い知らされた」というエピソードと共に凛々しい表情。初めて日本代表となった19歳の頃は、どこかやんちゃな雰囲気も醸し、“モテ期到来”も告白。
 プロデビューした22歳では苦悩も明かされ、日本ラグビーの新たな歴史を歩み始めた五郎丸選手への歩みを感じることができる。まるでアルバムをめくるように30歳に至るまでの歩みを振り返ることで、ファンならずとも見れば五郎丸選手をもっと応援したくなるような映像に仕上がっている。

表参道駅にて、いくつになっても展

 「五郎丸さんいくつになっても展」は5月16日(月)から公開。また、公開を記念してムービーの中に登場した写真とエピソードが東京メトロ表参道駅中央改札付近に16日(月)から22日(日)まで1週間限定公開される。
Sponsored by 花王

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!