• ホーム
  • グルメ
  • 【Trend Research】ひとりでは無理… 男女で異なる“ぼっち飯”のハードル

【Trend Research】ひとりでは無理… 男女で異なる“ぼっち飯”のハードル

 おひとりさま文化が定着して、すっかり市民権を得た“ぼっち飯=ひとりで食事すること”。以前は寂しい食事というイメージがあったと思うが、自由気ままに好きなものを飲んだり、食べたりすることができるメリットから、今は自主的にその行為を選ぶ人も少なくない。ただいくら浸透してきたとはいえ、人によってはひとりでは入りづらいお店が存在するもの。そこで、ハードルの高い“ぼっち飯”について調べてみた。

あなたの“ぼっち飯”レベルはどのくらい?

 今回は20〜40代の男女を対象に、「ひとりでは入れない/入りにくいと思う飲食店」について当てはまるものをすべて選んでもらい、“ぼっち飯”の難易度を1〜7にレベル分けしてみた(7が最高レベル)。調査結果を見ていくと、男女によって違いが。
 男女で共通したのは、レベル1の【ハンバーガーなどのファストフード店】(男性:5.0%、女性:4.3%)、【購入してから席を選ぶタイプのカフェ】(男性:9.7%、女性:5.5%)、【社食・学食】(男性:4.2%、女性:8.5%)のみで、それ以外はすべて難易度が異なる結果となった。
 例えば、ランチタイムなどに利用することが多い【立ち食いそば・うどん屋】や【牛丼や天丼等のチェーン店】、【ラーメン屋】といった手軽な食事について見ると、男性は最下のレベル1だったのに対し、女性はそれぞれ20%以上の数値となりレベル3に。「まわりが男性ばかり」(埼玉/20代・女性)、「すぐに食べて出て行かないといけなさそうだから」(福岡/40代・女性)などの理由で落ち着かないことから、女性の中ではハードルが上がっているよう。ちなみに、男性陣にとってレベル3に匹敵するのは【居酒屋】(29.0%)、イタリアンやフレンチなどの【カジュアルなレストラン】(29.2%)に行くことで、躊躇する度合いが男女によって異なることがよく分かる。
  • 高級レストランはさすがの男性陣も敷居が高いよう

    高級レストランはさすがの男性陣も敷居が高いよう

 男性にとって最も難易度が高い“ぼっち飯”は、レベル6の【高級レストラン】(50.7%)で半数以上の声を集めた。別に行けないこともないけれど、恋人やパートナーと語らいながら食事をする場所だと考えている人が多く、「さすがにひとりでは楽しめない」(大阪/30代・男性)、「ごちそうするために行くところだから」(大阪/30代・男性)とのコメントが目立った。
  • 浸透してきたひとり焼肉も、女性たちはまだまだ躊躇しがち

    浸透してきたひとり焼肉も、女性たちはまだまだ躊躇しがち

 一方、女性にとって最もハードルが高かったのは、男性と同じく【高級レストラン】(73.9%)に加え、【お鍋/しゃぶしゃぶ屋】(70.0%)、【焼肉屋】(68.0%)で、難易度はマックスのレベル7に。女優の尾野真千子や多部未華子、フリーアナウンサーの高橋真麻など、女性有名人の中にもひとりフレンチやひとり焼き肉を楽しんでいる人は多いが、「まわりで楽しそうに食事されていると寂しくなる」(神奈川/20代・女性)、「悲しい目で見られそう」(福岡/20代・女性)と周囲の目を気にしている人が多かった。

ひとりだと入りずらいお店の特徴って?

 上記の結果を受け、今度はハードルが高いお店の特徴についてもリサーチしてみた(複数回答)ところ、最も多かった回答は【カップルやグループ客ばかり】(54.9%)というポイント。

 普段はひとりでも抵抗がないという人でも、「居酒屋でよくひとりで飲みますが、あまりにグループ客がにぎやかだとどうしていいか分からなくなる」(北海道/40代・男性)、「ひとりで入ったBARでお客さんが恋人同士だらけのことがあり、場違い感がハンパなかったので」(奈良/30代・男性)というように過去の気まずい経験から、挙げている人が多かった。
 また、「青山のおしゃれなレストランにランチで入ったら、予想以上に高く食べた気がしなかった」(千葉/20代・女性)と【高級店】(43.2%)や【お客さんが異性ばかり】(37.3%)という点でも躊躇しがちな人は多く、難易度を調査した上記の結果と照らし合わせてみても、なるほどという結果。男女別では順位に大きな違いはないものの、全体的に女性の方がパーセンテージが高く、やはり男性よりも女性の方が“ぼっち飯”に対するハードルが高いと言えそうだ。
 『孤独のグルメ』(テレビ東京系)や『ワカコ酒』(BSジャパン)など、ひとりで食べ飲み歩くグルメ系ドラマが人気を集めるなど、すっかり身近な存在になった“ぼっち飯”。あなたはどのレベルに当てはまる?

http://omr.oricon.co.jp/?cat_id=omr-special

http://omr.oricon.co.jp/?cat_id=omr-special

【調査概要】
期間:2016年3月31日(木)〜4月7日(木)
対象:1200名(全国の自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女)
地域:全国
方法:インターネット調査

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!