• ホーム
  • おでかけ
  • 気鋭のアーティストとグリコがコラボ! 大人がわくわく楽しめる屋台パーティー

気鋭のアーティストとグリコがコラボ! 大人がわくわく楽しめる屋台パーティー

ラッパー鎮座DOPENESS&環ROYによるユニット・KAKATO、デザイナー&造形作家のmechikuro、Rhizomatiks。豪華クリエーターとグリコ社員によって創り上げられたプロジェクト「Glico YATAI」による、“夢の一夜”を描いた動画がついに完成! 映画やMVのような映像とアッパーチューンに思わず釘づけ! スタイリッシュな“大人の屋台パーティー”、ぜひチェックして!

Check It Out! 「Glico YATAI」スペシャルムービー

 グリコのコーポレートメッセージである「みんなのキゲンがよくなれば、きっと世界はうまくいく。smile.Glico」を具現化した同ムービー。1922年に発売された、牡蠣の煮汁に含まれる「グリコーゲン」に着目して開発されたキャラメル『グリコ』をはじめ、『ビスコ』、『ポッキー』、『プリッツ』、『ジャイアントコーン』などなど、オリジナリティ溢れるお菓子とキャッチ―なパッケージ、斬新な広告等で、長年に渡り幅広い世代に笑顔を届けている同社。創ることを精一杯楽しみ、誰も考えつかない大胆な行動を起こしてみんなをわくわくさせたい。「創る・楽しむ・わくわくさせる」というGlicoスピリットは、創業当時から現在まで、脈々と受け継がれています。

 そんなグリコの思いと革新的なアーティストたちによる、“斬新なコラボレート”が今回のムービー。ハッピーなオーラに包まれたストーリー以外にも見どころがいっぱい。豪華出演者、グリコのコーポレートカラーである赤を基調としたポップなアイテム類もスタイリッシュなムード! これから何が始まるのか? 見ているだけでわくわくしてくる、そんな世界観が印象的です。

見ているだけで楽しくなっちゃう! 「Glico YATAI」ムービーの世界

真っ赤な自転車屋台が2台。これがトランスフォームすると…ピカピカのDJブースに早変わり!取り付けられたLEDライトは、音楽に合わせてピカピカと…。なんだかテンションが上がってきます!

 KAKATOの2人から『ポッキー』や『プリッツ』、『ビスコ』などをもらったオーディエンスたち。最初は遠慮がちに手拍子をしていた彼&彼女たちですが、お菓子を口にするとはじける笑顔と共にダンスを始めてノリノリに! 実はこのオーディエンスたち、実際のグリコの社員とその仲間なんだそう。

ピカピカのDJブースには『グリコ』のデカパッケージをコーディネート。あの“ゴールインマーク”も楽しそうに見えます! Glico YATAIの魔法、すごい!

 ダブルタッチのパフォーマーにより、オーディエンスたちも縄跳びの輪に参加! なかにはパンプスが脱げても笑顔で飛んじゃう女性も…。「楽しい!」。そんな気持ちがストレートに伝わってきます。
 特設サイトではアーティストたちの紹介のほか、撮影時の裏話、プロジェクトに関わった社員やアーティストによる写真やメッセージも掲載。「100点満点と思えるものしか絶対に作らない!」「家族、友人、知人にもっとグリコ商品を知ってもらい、グリコファンを増やす!」など、熱い思いを綴ったボードを手にした、グリコ社員たちの爽やかな笑顔と情熱的なメッセージも印象的。ポップでスタイリッシュな「Glico YATAI」の世界をたっぷり堪能して☆

click☆⇒「Glico YATAI」特設サイト(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!