• ホーム
  • 芸能
  • 小林星蘭ちゃんが「日本生命セ・パ交流戦」で華麗?な投球を披露!

小林星蘭ちゃんが「日本生命セ・パ交流戦」で華麗?な投球を披露!

 人気子役の小林星蘭ちゃん(9)と佐藤瑠生亮くん(9)が20日、西武ドームで行われた「日本生命セ・パ交流戦」の埼玉西武ライオンズ対読売ジャイアンツ戦の始球式に登場! 「日本生命セ・パ交流戦」の応援大使として、3年連続で始球式を務めた星蘭ちゃん。今回の投球は、キャッチャー役の瑠生亮くんと共に練った、とある“作戦”があったようで…。キュートでオチャメな始球式の様子をレポートします!

 創業125周年を迎える日本生命保険による「日本生命セ・パ交流戦」(開催期間5月20日〜6月22日)は今年で10年目を迎えましたが、始球式を務める星蘭ちゃんと瑠生亮くんも今年で10歳。“みんな10歳”という記念の一投を華麗に決めるべく、星蘭ちゃんは忙しいスケジュールの中、お父さんや学校の友だちを相手に練習を重ねてきたとか。本番前も最後の追い込みで、西武ライオンズの熊代聖人選手を相手にキャッチボール。プロ野球選手を相手に肩を温めるなんて本格的!

マウンド上の星蘭&瑠生亮はコソコソと作戦会議を…

 そしていよいよ本番。西武ドームに詰めかけた観客が見守る中、星蘭ちゃんは赤と白のキュートなユニフォーム、瑠生亮くんは西武ライオンズのユニフォームをまとって登場。マウンドに立った2人はなにやらコソコソと作戦会議を…。

 そして、読売ジャイアンツの一番打者、長野久義選手を相手に始球式スタート! 星蘭ちゃん渾身の一投は3バウンドしたのち、3塁側へコロコロと…。残念ながら瑠生亮くんのミットには届かなかったものの、観客からの大歓声を受け、2人とも笑顔を見せていました。

渾身の投球に大満足! 出来栄えは「97点!」

 大役終了後、マウンド上でのナイショ話について聞かれると、「長野選手を倒すためにバットが届かない場所に投げよう!って作戦を立てました、作戦は成功!」とニッコリ。「何回か始球式をやったけど、すごく緊張しちゃった。でも前よりボールが届いて楽しかったです」と語り、「去年の投球の点数は95点だったけど、今日は何点?」と問われると、「今日は2点上がって97点です!」と満足そうにコメントしていました。

 なお、日本生命のセ・パ交流戦特設サイトでは、星蘭ちゃんと大会公式キャラクターの「セカパカくん」が踊るかわいいWebCMを公開しているほか、クイズに答えると1000円分のLINEプリペイドカードが1250名に抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施中です(6月30日まで)。

日本生命「セ・パ交流戦」特設サイトはこちら⇒
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!