世界初! 『リサとガスパール』のテーマパークに潜入!!

大人気の「リサとガスパール」


 フランス発の大人気絵本シリーズ『リサとガスパール』の世界観をモチーフにした、世界初のテーマパーク「リサとガスパール タウン」が2 フランス発の大人気絵本シリーズ『リサ7日、富士急ハイランドにオープン! いち早く“リサガス”ワールドを堪能するべく同テーマパークに潜入し、その魅力をお届けしちゃいます!!

生まれ故郷・フランスをモチーフにした街並み

異国情緒あふれる街並み


 同作は、ウサギでもイヌでもない未知の生物の2人・リサとガスパールとその家族を中心とした、ほのぼのとした日常が描かれている人気シリーズ。フランスはもちろん、世界各国で発行されており、日本でも累計200万部を超える人気作として子供だけでなく大人たちにも親しまれている。

 テーマパークを訪れて、まず驚くのが異国情緒あふれる街並み。生まれ故郷であるフランスの街を忠実に再現しており、ここが日本だという事を思わず忘れてしまうほど!

リサとガスパールの壁画も

 街を歩けば“リサガス”の壁画に目がとまり、その脇ではアコーディオンを楽しそうに奏でる演奏者も。さらに旬の野菜や果物は販売する出店も!!

優雅にアコーディオンを奏でるおじさん

旬の野菜や果物を販売する出店も何となく欧米っぽい!

リサガス像と共にエッフェル塔も!!

リサガス像の後にはエッフェル塔も!!

 更に奥に歩を進めると、リサとガスパールが一緒に搭乗するカートやエッフェル塔広場、オリジナルッズを販売するショップなどが立ち並ぶ。さらに隣接するホテルには、リサとガスパールの一家が食事を楽しんでいるというコンセプトのレストランや、彼らの“おうち”を再現した客室も登場、絵本から飛び出したようなメルヘンチックな外観は、ファンならば一度は訪れたいと思わずにはいられないはず!!

リサガス一家の食卓をテーマにしたレストランもオープン

「リサとガスパール タウン」に原作者も大感激!!

来日したアン・グットマンさん(向かって左から3番目)、ゲオルグ・ハレンスレーベンさん(向かって右から3番目)


 「リサとガスパール タウン」オープンを記念して、作者のアン・グットマンさん(文)、ゲオルグ・ハレンスレーベンさん(絵)も来日!!「絵本を飛び出してテーマパークとなったことは、とてもエキサイティング!! 彼らが日本で愛されていることは非常に光栄です」(グットマンさん)、「このテーマパークに訪れることで『リサとガスパール』の世界を楽しんで頂ければと思います」(ハレンスレーベンさん)と、作品の世界観を忠実に再現した“街並み”に大感激していました!

 「リサとガスパール タウン」オープンと共に、富士急ハイランドでは3つの人気アトラクションがさらに進化を遂げ、『最恐戦慄迷宮‐暗黒病棟‐』、『エヴァンゲリオン:ワールド 第三次計画』、『ガンダムクライシス2』としてリニューアルオープンした。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!