• ホーム
  • 芸能
  • 2010年映像ソフト市場は前年比増 前年実績2倍超えのアニメBDが牽引

2010年映像ソフト市場は前年比増 前年実績2倍超えのアニメBDが牽引

■2010年度の映像ソフト売上市場はこちら

 オリコンは21日、2010年度の映像ソフト(DVD+Blu-ray Disc)の売上をまとめた『2010年年間マーケットレポート』を発表した。市場全体の総売上額はBlu-ray Disc(BD)市場の拡大などにより、前年比107.1%の2930.4億円となった。

 市場全体の傾向として、「アニメ」や「洋画」のジャンルでDVDからBDへの移行が加速していることもあり、DVDの市場規模は2377.6億円(102.0億円減・対前年比95.9%)と2006年以来、5年連続前年割れとなった。一方、BDの市場規模は552.8億円(295.4億円増・同214.8%)と前年実績の2倍以上の成長を遂げ、BDの売上増加額がDVDの減少額を大幅に上回った。

 市場全体におけるBDの存在感は年々増しており、金額ベースの占有率も前年度の9.4%→18.9%に上昇。それを裏づけるように、BDのヒット作品の売上水準も格段にアップした。2009年度売上額年間首位の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)』が5.9億円だったのに対し、2010年度は同首位の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN(NOT)ADVANCE.』の27.8億円を筆頭に、合計11作品の売上額が前年首位の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序〜』を上回った。

 BD躍進の立役者はやはり「アニメ」作品。金額ベースで前年比228.6%の346億円と大幅に増加し、BD市場占有率は実に62.7%。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破〜』(昨年5月発売)をはじめ、『トイ・ストーリー3』(同11月発売)、『機動戦士ガンダムUC 1』(同3月発売)、『同2』(同11月発売)などがBD市場拡大に貢献し、映像ソフト市場全体(DVDの売上含む)における「アニメ」ジャンルの金額ベースの占有率も30.1%と3割を突破した。

 一方、DVD市場は、「アニメ」が金額ベースで前年比91.8%(占有率22.5%)、「洋画」が99.5%(同15.1%)と頭打ちとなり、「邦画」は71.9%(同5.6%)と低迷した。そのなかで、のライブDVD『ARASHI Anniversary Tour 5×10』(昨年4月発売)をはじめとする「邦楽」作品がDVD売上額上位30作中19作を占め、金額ベースで前年比2桁増の110.6%。占有率も24.5%で「アニメ」を抜いて1位となった。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。




オリコントピックス