• ホーム
  • 芸能
  • “社長が選ぶ今年の社長”1位はソフトバンク・孫正義社長が初戴冠

産業能率大学が企業経営者を対象に行っている年末恒例の調査『社長が選ぶ 今年の社長』が16日に発表され、1位にソフトバンクの【孫正義】社長が選ばれた。その理由としては「不調に終わったがNTTの光回線の別会社への移行を提言する勇気」(土木・建設業・59歳・石川県)といった、孫社長の挑戦や革新を支持する声が多数。続く2位にはファーストリテイリングの【柳井正】社長が選ばれ、昨年まで2年連続で1位を飾ってきたが、今年はわずか2票差で首位の座を明け渡す形となった。また、同調査では『来年注目する会社』も発表されており、こちらは不況下で自動車販売の実績に苦しむなかでも、日本一の売り上げを誇る【トヨタ自動車】が1位に。孫氏の【ソフトバンク】が2位に続いた。

同調査は、従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に毎年、最...

オリコントピックス