• ホーム
  • 芸能
  • 人気漫画家たちが週替わりで偉人を描く『週刊マンガ日本史』新創刊

人気漫画家たちが週替わりで偉人を描く『週刊マンガ日本史』新創刊

■その他の写真ニュースはこちら

 人気漫画家が歴史上の偉人を漫画化する週刊漫画雑誌『週刊マンガ日本史』が、朝日新聞出版より10月6日に創刊されることがわかった。『ドラゴンクエスト列伝ロトの紋章』の藤原カムイ氏が卑弥呼を描く創刊号を皮切りに、『Drコトー診療所』の山田貴敏氏が織田信長、『機動戦士ガンダムTHEORIGIN』の安彦良和氏が勝海舟を担当するなど、偉人たちの生き様をオールカラーで毎号1人ずつ描いていく。

 創刊号は卑弥呼、2号は聖徳太子と小野妹子と、年代別に歴史をひも解きつつ、源義経、織田信長、ペリー、福沢諭吉など国内外の偉人たちを題材に、50号のマッカーサーまでを漫画化。藤原氏らのほかに、『バツ&テリー』の大島やすいち氏が源義経、『F−エフ−』の六田登氏が杉田玄白、『夏子の酒』の尾瀬あきら氏が杉原千畝を描くなど、過去に前例がないほど豪華な執筆陣が参加し、偉人たちの生き様を描いていく。

 総監修は『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)に出演している歴史研究家・河合敦氏が担当。最新の学説を取り入れつつ、偉人たちの功績を各漫画家たちがそれぞれの特色で表現していく。



オリコントピックス