• ホーム
  • 芸能
  • 辻井伸行の母が綴った成長記録2冊がTOP30入り

辻井伸行の母が綴った成長記録2冊がTOP30入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 連日、ピアニスト・辻井伸行の活躍が報じられる中、母・辻井いつ子さんの著書への注目度が高まっている。『今日の風、なに色? 全盲で生まれたわが子が「天才少年ピアニスト」と呼ばれるまで』と『のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで』(ともにアスコム刊)が、6/29付オリコン“本”ランキングBOOK(書籍総合)部門で、それぞれ19位(週間売上9596部)と30位(週間売上8117部)にランクイン、先週の100位圏外から急上昇した。

 2004年3月に発売された初著書『今日の風、なに色?〜』は、息子・伸行の誕生から12歳までの成長記録を、母親・いつ子さんの目線で綴ったノンフィクション本。母親が我が子の障害を知ったときの戸惑いや、0歳で音楽という“光”に出会った感動、ピアノを始めて数々のコンクールやコンサートで高い評価を得た12歳までの辻井を知ることができる1冊。ちなみにタイトルの『今日の風、なに色?』は辻井が実際に母親(著者)に尋ねた一言であり、この言葉からもその感受性の豊かさが読み取れる。

 そして13歳からプロ・ピアニストとして辻井がメジャー・デビューする19歳までを綴った書籍が昨年12月に発売された『のぶカンタービレ!〜』。ピアニストとして辻井が世間に知られるきっかけとなった、ポーランドでの『ショパン国際ピアノコンクール』へ出場したときの様子や『ポーランド批評家賞』受賞の喜びなども語られており、『今日の風、なに色?〜』とともに、発売以来初めてのTOP100入りとなった。

※協力書店様一覧(五十音順) : 旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンアンドワイ(WEB通販)、TSUTAYA、明屋書店、フタバ図書、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、リブロ、WonderGOO ほか 

※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

関連写真

  • 辻井伸行の成長記録本『今日の風、なに色? 全盲で生まれたわが子が「天才少年ピアニスト」と呼ばれるまで』(アスコム) 
  • 『のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで』(アスコム) 

オリコントピックス