• ホーム
  • 芸能
  • “ロックの神様”逝く…忌野清志郎さんが58歳で死去

“ロックの神様”逝く…忌野清志郎さんが58歳で死去

■主な作品の売上はこちら

 ロック歌手の忌野清志郎さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。近親者のみで密葬を行い、9日の告別式(東京・青山葬儀所)は一般の弔問も受け付ける。

 忌野さんは68年に中学校の同級生らとロックバンド・RCサクセションを結成。「雨上がりの夜空に」や「スローバラード」など数々の名曲を生み出したほか、俳優活動なども行っていた。

 06年7月に喉頭がんと診断され入院、08年2月に東京・日本武道館で復帰ライブを開催したが、同7月に左腸骨へのがんの転移がみられ、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



 忌野清志郎RCサクセション





オリコントピックス