• ホーム
  • 芸能
  • 08年上半期『フレッシュスターランキング』、男女ともお笑い芸人が制覇

08年上半期『フレッシュスターランキング』、男女ともお笑い芸人が制覇

■ランキング表はこちら

 昨年の『フレッシュスターランキング』は、「男性部門」では“ハニカミ王子”“ハンカチ王子”“マー君”とスポーツ界が上位を独占、「女性部門」では、長澤まさみ沢尻エリカ蒼井優といった女優陣が目立ったが、今年の『フレッシュスターランキング』は、3の倍数だけアホになるギャグでCMでも引っ張りだこの【世界のナベアツ】、「グ〜」のギャグと上品さも持ち合わせたインパクトのあるキャラで人気の【エド・はるみ】が「男性部門」「女性部門」のそれぞれ1位に輝き、男女ともお笑い芸人が制覇した。

 まず「男性部門」。1位の【世界のナベアツ】には、「“1・2・3”のあのギャグは最高!!」(神奈川県/10代/女性)、「3で馬鹿になるだけの単純な芸なのに…何故か“オモロー”だから」(奈良県/30代/男性)とやはり3の倍数だけアホになる芸の印象が強烈だったようで、なかには「クラス中が3の倍数でアホになっている」(熊本県/10代/男性)という意見もあり、子供から大人まで幅広い世代に支持されていることが首位獲得につながった。これで、名実ともに“世界”のナベアツになった形だ。

 2位には、こちらもバラエティ番組からブレイクした【上地雄輔】がランクイン。「いろんなバラエティに出ていて、歌まで出してまさに旬」(東京都/30代/女性)「バラエティに引っ張りだこで最近はほぼ毎日見ているし、フレッシュといったら彼でしょう!」(東京都/10代/女性)と、最近ではテレビで見ない日がないほど売れている姿がまさにフレッシュスターだと思う人が圧倒的に多かった。またバラエティ以外にもドラマや歌手、そしてブログがギネスブックに載るなど絶好調の上地。さらに自身も所属している【羞恥心】も4位にランクインと、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 続いて「女性部門」。性別、年代別全てで1位となり、2位以下に圧倒的大差をつけ1位となったのはこちらもお笑い芸人の【エド・はるみ】。「“グ〜” が今老若男女問わず、みんな知っているから」(愛媛県/20代/女性)、「きれいだし面白いし、TVの出演率も高かった!」(埼玉県/20代/女性)と、わかりやすい芸とお笑いながら上品なキャラクターが人気のようで、今年に入ってから一気にブレイクした様子がフレッシュスターだという声が多数寄せられた。また今年の24時間テレビのマラソンランナーにも決定し、今後はお笑い以外の仕事でも活躍が期待される。

 2位は、「そばにいるね」で上半期シングルランキング1位となった【青山テルマ】。「無名だったのにいきなりブレイクしてちょっとした社会現象にまでなっているから」(岡山県/10代/男性)と、曲がヒットしたこともさることながら、青山テルマのファッションをまねた“テルマー”が社会現象になるなどその影響力の大きさが票の集まった要因となった。

 その他の注目は、「男性部門」では最近バラエティ番組で人気の竹下登元首相の孫【DAIGO】(5位)、織田裕二のモノマネで人気の【山本高広】(8位)らがランクイン。「女性部門」では、“テクノポップアイドルユニット”【Perfume】が3位、おバカキャラがかわいらしい【スザンヌ】が4位にランクインした。

(2008年6月19日〜23日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各150人、計1,200人にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


関連写真

  • 「男性部門」1位に輝いた世界のナベアツ[08年4月撮影] 
  • 「男性部門」2位の上地雄輔[08年4月撮影] 
  • 「女性部門」1位のエド・はるみ[08年6月撮影] 

オリコントピックス