• ホーム
  • 芸能
  • モンハン、攻略本も売行き好調で“本”ランキング初代1位

モンハン、攻略本も売行き好調で“本”ランキング初代1位

【ランキング表】 BOOK TOP50 / 文庫TOP50 / コミックTOP50

 様々なランキングを扱うオリコンは3日(木)、全国推定売上部数に基づいた国内初の週間書籍売上げランキング「オリコン“本”ランキング」の第1回目となる4/7付オリコン“本”ランキング5部門を発表した。コミック、文庫を除く一般書籍の総合ランキングとなるBOOK部門では、人気ゲームの攻略本『モンスターハンターポータブル2nd G PSP版 グレードアップブック』(Vジャンプ編集部)が7万8947部を売上げ、記念すべき初代総合1位に輝いた。

 残る4部門は、コミック(単行本&文庫形態)が椎名軽穂の『君に届け(6)』=推定売上部数34万7826部、文庫(※文庫形態の書籍全般でコミックは除く)が現在公開中の金城武主演映画の原作『死神の精度』=同4万4659部、新書が茅田砂胡の『クラッシュ・ブレイズ サイモンの災難』=同3万1390部、ビジネス書が茂木健一郎の『脳を活かす勉強法』=1万5799部がそれぞれ1位を獲得した。

 第1回目の集計期間が3月24日(月)〜3月30日(日)と春休みシーズンだったことも影響したのか、BOOK部門ではゲーム関連書籍のランクインが目立った。1位のモンハン同様、Vジャンプ編集部によるものでは6位に『遊☆戯☆王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ マスターガイド2』、42位に『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード カード版』がランクイン。また、エンターブレイン刊の『モンスターハンターポータブル2nd G ルーキーズ・ガイド2G』も17位に登場しており、ゲームソフトの人気がそのまま関連書籍の売上げにも反映された形となった。

 そのほか、ゲーム関連書籍やコミックエッセイなどがBOOK部門上位を占めるなか、文芸作品では今年1月に発刊された小川糸の『食堂かたつむり』が20位と堅調な動向。作詞家・春嵐として、浜田省吾らとともにユニット“Fairlife”の一員としても活動している小川が、作家としてのキャリアを再スタートさせた小説。3月22日放送のTBS系『王様のブランチ』で紹介されたこともあり、今後もさらに売上げの伸びが期待できそうだ。

※「オリコン“本”ランキング」は、書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上を基に全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらを基に月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

【ランキング表】 BOOK TOP50 / 文庫TOP50 / コミックTOP50

オリコントピックス