• ホーム
  • 芸能
  • ももクロの玉井『東武鉄道』駅名2度目のジャックに感激「身近に感じてもらえれば」

ももクロの玉井『東武鉄道』駅名2度目のジャックに感激「身近に感じてもらえれば」

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ玉井詩織(22)が19日、埼玉・東武動物公園駅西口で行われた東武鉄道『子供祭り駅』駅名看板設置記念イベントに出席した。同駅名が1ヶ月限定で、ももクロが開催するイベント名に変更されることに玉井は「すごくうれしいし、より身近に感じてもらえたら」と喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 東武動物公園内の多目的ステージ『ハッピーオンステージ』リニューアルオープンに伴い、23日にももクロが、こけら落としイベント『子供祭り2017』を開催。これを記念し、東武スカイツリーライン「東武動物公園駅」西口の駅名看板が、きょう19日から10月18日までの1ヶ月限定で「子供祭り駅」に変更される。

 今年の4月5日から5月7日の期間中にも、ライブ『ももクロ 春の一大事』の開催に合わせて東武鉄道が初の人名、グループ名を駅に付ける試みで、東上線ふじみ野駅が「ももいろクローバーZ駅」に改名。前回のコラボレーションからわずか4ヶ月でのジャックに玉井は「(ももクロの)一人一人の色と顔が一致しない方もいらっしゃると思いので、毎朝駅を使っていただいて顔と色を覚えてくれたら」と呼びかけた。

 今回リニューアルオープンする『ハッピーオンステージ』は、東武動物公園が1981年に開業した当時から数多くのアイドルがイベントを開催してきた“聖地”。ももクロも過去に2度、ライブイベントを開催した経緯があり、玉井は「こけら落とし公演と言うことで、記念すべき最初のステージに立たせていただけるので、これからも『ハッピーオンステージ』が盛り上がって行けるように私たち第一歩として、盛り上げられるように頑張りたいと思います」と意気込み。公演については「私たちに似たももクロちゃんZとママたちパパたちも喜ぶ人も登場します」と目を輝かせていた。

 また、会場の動物園にかけてPRをお願いされると、少し悩んだ後に「動物園で1番迫力を受ける動物はキリンなので、キリンの首のように息の長いアイドルを目指したいと思います」とドヤ顔で言い切った。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 『東武鉄道』2度目の駅名ジャックに感激していたももいろクローバーZ・玉井詩織 (C)ORICON NewS inc.
  • 駅員の制服姿で登場した玉井詩織 (C)ORICON NewS inc.
  • 東武鉄道『子供祭り駅』駅名看板設置記念イベントに出席したももいろクローバーZ・玉井詩織 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス