• ホーム
  • 芸能
  • 元Dream5・大原優乃、奄美大島で17歳Fカップボディを大胆開放

元Dream5・大原優乃、奄美大島で17歳Fカップボディを大胆開放

 元Dream5でティーン誌『LOVE berry』専属モデルの大原優乃(17)が、4日発売の『週刊プレイボーイ』38号(集英社)のセンターグラビアに登場。今年6月発売の同誌で見せた初水着が大反響だったことを受け、早くも2度目の水着姿を披露した。

 大原は2009年にNHK教育テレビ『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5を結成。2014年に「ようかい体操 第一」が大ヒットし、同年の『NHK紅白歌合戦』出場、「第56回日本レコード大賞」話題賞、「第47回日本有線大賞」有線話題賞を獲得するなど、大ブレイクした。グループは昨年末に活動を終了し、現在はモデルや女優として活動している。

 2度目のグラビアは、大原の出身地・鹿児島にある奄美大島でロケを実施。現在も鹿児島に住んでいるが同島を初めて訪れた大原は「同じ鹿児島にこんなにすてきな景色があったんだなぁと。今回の撮影で奄美大島の良さも知ることができて、すごくうれしかったです。大好きな場所になりました」と充実した表情を見せた。

 誌面では話題となった17歳のFカップボディを惜しげもなく見せつけ、まぶしい太陽のもと満面のスマイルも全開させたが、日焼け止めのケアをしなかったため「水着の形にくっきり日焼けしちゃいました。気がつけば、体がまっ赤っ赤」と反省。それでも「夏のいい思い出♪」と撮影を振り返っている。

 なお、誌面未公開カットを多数含むデジタル写真集『大原優乃独占スペシャル写真集「元Dream5 晴れやか南国少女」』も、同誌公式サイト『週プレnet extra』で発売されている。

 同号にはそのほか、NMB48白間美瑠(19)、三愛水着楽園イメージガールの熊江琉唯(22)、女優の山下永夏(23)、指原莉乃プロデュースのアイドルグループ・=LOVEなどが登場。表紙は新人グラビアアイドルのアンジェラ芽衣(20)が飾っている。



関連写真

  • 『週刊プレイボーイ』38号に登場する大原優乃(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
  • 『週刊プレイボーイ』38号表紙カット(集英社)

オリコントピックス