• ホーム
  • 芸能
  • 日テレ秋はほぼ“無改編” GP帯バラエティーすべて続行で視聴習慣の確立目指す

日テレ秋はほぼ“無改編” GP帯バラエティーすべて続行で視聴習慣の確立目指す

 日本テレビの2017年10月期改編説明会が5日、東京・汐留の同局内で行われた。今回、同局ではゴールデン(後7:00〜後10:00)、プライム(後7:00〜後11:00)帯の番組は“ほぼ無改編”。ドラマと、16年5月にスタートした『超問クイズ!真実か?ウソか?』(毎週金曜 後8:00)のタイトル変更以外はバラエティー番組がすべて続行となり、改編率は全日(前6:00〜深0:00)13.0%、プライム帯は12.1%、ゴールデン帯は4.8%となった。

 春の改編では『今夜くらべてみました』(毎週水曜 後7:00)のゴールデン昇格や、『ザ!世界仰天ニュース』(毎週火曜 後9:00)の引っ越し、土曜9時に放送していたドラマ枠と10時からの『嵐にしやがれ』(現在は毎週土曜 後9:00)の入れ替えなどがあったが、それらの視聴習慣を根付かせるためにも、今回は変更しない方針となった。

 また、29日をもって水卜麻美アナウンサーが卒業する昼の情報番組『ヒルナンデス!』(月〜金 前11:55)と、その水卜アナが新たに加入する朝の情報番組『スッキリ』(月〜金 前8:00)をリニューアル。『スッキリ』は現タイトルの『スッキリ!!』から変更。「!!」をはずし、「よりスッキリした番組」を目指す。



タグ

オリコントピックス