• ホーム
  • 芸能
  • 上野動物園の赤ちゃんパンダ、体重4.5キロに

上野動物園の赤ちゃんパンダ、体重4.5キロに

 東京・上野動物園で生まれたジャイアントパンダの子ども(メス・80日齢)の10回目の身体検査が8月31日に行われた。生後2日の測定ではわずか体重147グラムだった赤ちゃんが約4.5キロに成長。生後2ヶ月くらいから生えてくるといわれる歯についても、上顎の左右の犬歯について少しずつ歯冠が目立つようになってきたという。

 現在の体重は4493gグラム(21日計測時3756.4グラムより737グラム増加)、体長は55.5センチ(21日計測時47.9センチより7.6センチ増加)。

 同園によると、四肢の力が一層強くなっており、体を一瞬浮かせる様子や前肢をふんばって前進する姿が見られるが、四肢でしっかり立ち上がるまでには至っていない、とのこと。頭部を左右に動かして目の前のものを認識している様子も伺える。

 8月30日には、日本パンダ保護協会名誉会長で女優の黒柳徹子や、上野動物園の園長など6人の委員によるジャイアントパンダの赤ちゃんの名前についての選考委員会が非公開で行われ、32万件余りの応募の中から8点に候補が絞られた。赤ちゃんの名前は8点の候補の中から中国側と調整を行ったうえで東京都が決定し、今月下旬をめどに発表される予定。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん(80日齢)(公財)東京動物園協会
  • 母親のシンシンも元気です(公財)東京動物園協会
タグ

オリコントピックス