• ホーム
  • 芸能
  • 道端アンジェリカ、皮膚病治療の経過良好 注射は「自分で打っています」

道端アンジェリカ、皮膚病治療の経過良好 注射は「自分で打っています」

 モデルの道端アンジェリカ(31)が24日、都内で行われた福井県ブランド米『いちほまれ』ロゴ・パッケージ発表会&試食会に出席。5月13日に自身のインスタグラムで、皮膚病のひとつである乾癬(かんせん)を患っていると公表したが「今はずっと注射の治療をしています。とりあえず(症状は)抑えられて、仕事はできている状態です」と現状を報告した。

【写真】その他の写真を見る


 乾癬にかかった当時について「頭だったり、耳のうしろだったり、背中、お腹、腕と上半身に出ちゃって、赤く腫れてもっこりしていました。もちろん今みたいにドレスとかも着ることができなくて、基本的には長袖で髪も下ろしていましたね」と回顧。「今は注射の治療をしていて、自宅で打っていますよ」と経過が良好であると語った。

 今月9日のイベントで新恋人の存在を明かしていたアンジェリカだが「仲良くやっていますよ」とこの日も幸せオーラ全開。イベントに絡めて「お米に合う料理を作ってあげたい?」と聞かれると「彼もお米が好きなので、作ってあげたい。リクエストされれば、何でも作れるので…」とにっこり。交際期間について「1ヶ月でよろしいですか?」と迫られるも「ハハハ…面白い」と笑顔ではぐらかして、その場を後にした。

 イベントにはそのほか、西川一誠福井県知事、日本健康食育協会の柏原幸代氏らも出席した。



関連写真

  • 自身の皮膚病治療の経過を報告した道端アンジェリカ (C)ORICON NewS inc.
  • 福井県ブランド米『いちほまれ』ロゴ・パッケージ発表会&試食会に出席した(左から)道端アンジェリカ、西川一誠福井県知事
  • 福井県ブランド米『いちほまれ』ロゴ・パッケージ発表会&試食会に出席した道端アンジェリカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス