• ホーム
  • 芸能
  • がん闘病中のいときんのバーが復活 全売上が治療費に

がん闘病中のいときんのバーが復活 全売上が治療費に

 肺腺がんのため、治療に専念することが発表されたET-KINGのリーダー・いときん(38)が作った大阪のバー「Bar OSAKA ROOTS」が、期間限定で復活オープンすることが19日、グループの公式サイトで発表された。

 これは、「いときん応援プロジェクト」の一環として行われ、売上はすべていときんの治療費となる。21日にET-KINGが出演するオープニングイベントが行われ、8月31日から毎週木〜土を中心に営業する。

いときんは今年6月、毎年定期的に受けている健康診断で肺腺がんが見つかり、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが判明。いときん本人のコメントも掲載され「リンパ節、そして脳にも転移しております」と公表した。



オリコントピックス