• ホーム
  • 芸能
  • 石坂浩二、初の自伝を上梓 浅丘ルリ子との離婚理由、鑑定団降板の真相など明かす

石坂浩二、初の自伝を上梓 浅丘ルリ子との離婚理由、鑑定団降板の真相など明かす

 俳優の石坂浩二(76)が、初の自伝『翔ぶ夢 生きる力 〜俳優・石坂浩二自伝〜』(廣済堂出版)を24日に発売する。主演するテレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』(月〜金 後0:30〜0:50)が話題を呼んでいるなか、元妻で同ドラマにも出演する浅丘ルリ子との結婚・離婚、そして『なんでも鑑定団』降板の真相など、初めて明かしている。

 東京・銀座で生まれ田園調布で育ち、慶應義塾普通部(中学)・高校・大学に通った“生粋のシティボーイ”石坂は、大学卒業後に俳優のキャリアをスタート。『天と地と』『元禄太平記』『草燃える』と3作のNHK大河ドラマの主演を努め、金田一耕助や水戸黄門なども演じるなど、まさに日本を代表する役者として活躍してきた。司会者やクイズ番組の回答者としても博識ぶりを披露し、油彩画で二科展に11年連続で入選するなど、広い分野に精通している。

 そんな日本の芸能界を代表する俳優が、初めて自伝を執筆した。交流のあった俳優・女優や映画監督などとのエピソードはもちろん、かつて交際し『やすらぎの郷』でも共演する加賀まりことのなれそめや、浅丘との結婚生活の破綻の理由も隠すことなく告白。さらに、1994年から2016年まで司会を務めた『開運!なんでも鑑定団』の降板劇の内幕についても、自ら公にする。

 そのほか、自身の趣味人としての一面にもページを割いており、中でも玄人はだしの飛行機プラモデルについて記した文からは、“役者・石坂浩二”ではなく、好きなことにひたすら夢中になる“無邪気な少年”のような熱い思いを受け取ることができる。

 好調を維持する『やすらぎの郷』も、残り1ヶ月半。クライマックスに向かうドラマとともに、石坂が自らの人生をつづった本書も一緒にチェックしたい。



オリコントピックス