• ホーム
  • 芸能
  • ピース・又吉が雑誌の初編集長 相方・綾部とグラビアも披露

ピース・又吉が雑誌の初編集長 相方・綾部とグラビアも披露

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹が初めて編集長を務めた雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』が刊行されることが決定した。同誌では、相方・綾部祐二や6月に熱愛の可能性が報じられたタレント・壇蜜と椅子の上で密着するグラビアも掲載される。

【写真】その他の写真を見る


 『又吉直樹マガジン 椅子』は椅子が好きという又吉が自ら編集長の役割を担い、さまざまな角度から椅子を切り取る企画を立案・ディレクション。熱愛のうわさが浮上していた壇蜜、話題の女優・吉岡里帆、ベテラン俳優の柄本明と又吉が街中で椅子と絡むグラビアや又吉との座談が掲載されている。加えて今年4月に拠点を米国に移した相方・綾部とのツーショットも披露。7月に都内で撮影されたもので絶妙な距離感でファインダーに収まっている。

 さらに又吉が特別に書き下ろした原稿用紙20枚の椅子にまつわる想い出を綴ったエッセイ「椅子をめぐる自叙伝」。又吉が考案した理想の椅子を制作するルポなど、全64ページにわたって、椅子と又吉、そして又吉が「好きな方々にお願いしたら快く引き受けてくださった」という個性的なゲストによる不思議な世界観が繰り広げている。

 又吉は「日常的に使う『椅子』というものが、なぜか子どもの頃から気になる存在でした。そして最近、雑誌を作ってみたいと思い立ち、結果、生まれたのがこの雑誌です。僕はライブも雑誌も好きです。そういうものが同じ場所で交わるというのが面白い。ライブのグッズという位置付けではなく、独立した一つの雑誌として作ったつもりです」とコメントした。

 同雑誌は自身が主催のライブイベントである9月9日、10日にユニットコントライブ『さよなら、絶景雑技団』(東京・よみうりホール)、9月10日に朗読イベント『「やぁ」、朗読会』(東京・よみうりホール)の会場内で発売予定。そのほか時期や場所は検討中ながら限定販売していく予定となっている。



関連写真

  • ピース・又吉直樹が初めて編集長を務めた雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』の表紙
  • ピース・又吉直樹が初めて編集長を務めた雑誌『又吉直樹マガジン 椅子』に収録されている綾部祐二とのツーショット
  • 壇蜜との密着グラビアを公開したピース・又吉直樹

オリコントピックス