• ホーム
  • 芸能
  • テレ東・福田典子アナ、雨の日に転倒 顎に6本のボルトを入れる大けが

テレ東・福田典子アナ、雨の日に転倒 顎に6本のボルトを入れる大けが

 「突然ですが、緊急事態です」のナレーションで始まった6日放送のテレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』(毎週日曜 後6:30〜7:54)。昨年10月からさまぁ〜ずのアシスタントとして出演しているテレビ東京の福田典子アナウンサーが、この日、放送された東京・亀有でのロケの4日前(6月半ば過ぎ)に転倒し、顎に6本のボルトを入れる大けがを負っていたことが明らかになった。

 絆創膏を貼った痛々しい姿で登場した福田アナは、手描きのイラストと写真で大けがの経緯を説明。その日は、雨が降っていたが、駅に向かって全力で走っていたという福田アナ。「方向転換した瞬間」に足をすべらせ、なんと顎から着地してしまったという。その場で大出血したため、救急車で緊急搬送。顎にはヒビが入っていた。

 福田アナは口を大きく開くことができない状態だったが、ほかに外傷はなかったことからいつもどおりロケを敢行。さまぁ〜ずの2人に「絶対、顎から転びたくないわ」(三村マサカズ)などといじられながらも、笑顔を絶やさず、亀有周辺のモヤモヤスポットをブラブラした。ケガをしてから食事もままならなかったという福田アナ。名物亀有メンチの試食はできなかったものの、昼食として立ち寄った中華料理店で中華粥を味わい、ホッとした表情も見せていた。



オリコントピックス