• ホーム
  • 音楽
  • 三森すずこ、初武道館ライブを本人の副音声付きでテレビ放送

三森すずこ、初武道館ライブを本人の副音声付きでテレビ放送

 声優で歌手の三森すずこが初めて東京・日本武道館で行ったライブ『MIMORI SUZUKO LIVE TOUR 2016 “GRAND REVUE” FINAL at NIPPON BUDOKAN』のファイナルの模様が、CS「テレ朝チャンネル1」で15日(後4:30〜7:00)に放送される。番組は、みもりん本人の解説(副音声)付き。

【写真】その他の写真を見る


 ソロとして初めてとなる日本武道館公演は、3rdアルバム『Toyful Basket』の収録楽曲を中心に構成。「リアルでミュージックビデオを見ている感じに近い」と本人が語る、「Toyful Basket」のテーマに合わせた“おもちゃ箱”の世界。バンドメンバーもオーディエンスも、皆おもちゃの世界の住人になったような一体感に包まれた。武道館を埋めつくすサイリウムと、早着替えも披露した衣装の数々。大勢のダンサーを従えてキレのあるダンスで魅せるパフォーマンスと圧巻の歌唱力。“みもりんワールド”がテレビでたっぷり楽しめる。

 副音声の収録時、三森は「ステージ上から見るアングルとはまた違った全体が見られるのは、映像ならではですよね。つい見入ってしまいましたが… 副音声を聞いてくださっている皆さんが独りにならないように気を付けました(笑)。

 衣装もこだわってつくりましたので、そこも見ていただければ。ダンサーズさんの衣装も改めて見て、かわいい!と我ながら思っちゃいました。騎士風の衣装も、見て下さった皆さんから好評だったのですが、あれは『ベルサイユのばら』のフェルゼンをオマージュしています。私、中学生の頃から宝塚の世界にはまりまして、宝塚といえば『ベルサイユのばら』なので。オスカル風かアンドレ風かも悩みましたが、結局フェルゼンに。なるべく多く皆さんの前にいる時間を増やしたかったので、ほぼ早着替えなんですよ」などと話していた。



関連写真

  • 三森すずこの初武道館ファイナルの模様が7月15日、CS「テレ朝チャンネル1」で放送(C)テレビ朝日
  • フェルゼン風の衣装(C)PONYCANYON
  • ダンサーの衣装にも注目(C)PONYCANYON
  • 三森すずこ『MIMORI SUZUKO LIVE TOUR 2016 “GRAND REVUE” FINAL at NIPPON BUDOKAN』より(C)PONYCANYON

オリコントピックス