IMAGICA、アニメポスプロ新拠点を荻窪にオープン

 多くのアニメスタジオが周辺に立地する荻窪に、IMAGICAは新たなアニメーションのポスプロ拠点となる「荻窪アニメーションハウス はなれ」を7月7日よりオープンした。

 同社では、13年12月より荻窪駅北口に「荻窪アニメーションハウス」を開設し、アニメスタジオのポスプロ業務を請け負ってきているが、近年の需要の高まりに対応して新拠点を増設。「はなれ」には、オフライン編集室とオンライン編集室のほか、社内作業専用編集室、24時間出し入れ可能なポストを設置。これまで以上に柔軟なスケジュール対応が可能になった。

 IMAGICAの荻窪アニメーションハウス・スタジオマネージャー竹谷卓郎氏は「配信サービスなどのメディアが増えてアニメ作品の需要はより高まり、ポスプロ業務の受注も順調に伸びてきました。オンライン編集の部屋数だけを見ると、編集制作能力はこれまでの2割5分増しですが、オフライン編集との組み合わせで、これ以上の向上を期待しています」と語る。

「荻窪アニメーションハウス」と「はなれ」はファイルサーバを共有し、国内、海外、ゲーム用などさまざまな種類のファイル化に対応。オンライン編集後のデータファイル作成から高速伝送ソフトによる配信作業まで行っている。



提供元:CONFIDENCE

タグ

【最新号】コンフィデンス 2017年9月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年9月11日号

<COVER STORY>
川淵三郎氏(日本トップリーグ連携機構代表理事 会長)
「アリーナ文化の創出」を提唱

<SPECIAL ISSUE>
「ORICON LIVE STUDYwith ACPC」Vol.3
プロダクション目線の“観客文化育成”とおもてなし

お問い合わせ

オリコントピックス