• ホーム
  • 芸能
  • 『少年ジャンプ』、マンガ制作アプリをリリース 作家デビューに新たな形

『少年ジャンプ』、マンガ制作アプリをリリース 作家デビューに新たな形

 来年、創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』(集英社)が22日、PCやタブレット・スマホでマンガが描ける無料ペイントツールアプリ『ジャンプPAINT』をリリースした。ペン類、トーン素材、フォントなどはもちろん同誌で実際に使用されているフォントの一部も無料で使うことができる。

 『ONE PIECE』、『僕のヒーローアカデミア』など、連載作品を見本にしてマンガを描くことができ、各作者による作品作りに関する極意も多数収録。同誌編集部による描き方講座も毎週更新され、WEBマンガ投稿・公開サイト『少年ジャンプルーキー』との連携機能で描いた作品をスムーズに投稿し、マンガ家デビューを目指すことも可能だ。

 同アプリの公開に合わせ、『NARUTO-ナルト-』の岸本斉史氏が審査委員長を務める創刊50周年記念の「ジャンプ世界一マンガ賞」を開催。ジャンプの未来を担う新たな才能を世界中から8言語で募集。入選作品には、賞金100万円と、同誌(紙版または電子版)掲載権が授与される。本マンガ賞は『ジャンプPAINT』から直接応募が可能。締め切りは来年1月5日。



関連写真

  • 無料ペイントツールアプリ『ジャンプPAINT』がリリースされた
  • 『NARUTO-ナルト-』の岸本斉史氏が審査委員長を務める「ジャンプ世界一マンガ賞」
タグ

オリコントピックス