• ホーム
  • 芸能
  • バイきんぐ・小峠、MC番組が激戦区進出で「バカじゃないかと」

バイきんぐ・小峠、MC番組が激戦区進出で「バカじゃないかと」

 お笑いコンビ・バイきんぐ小峠英二とタレントの大石絵理が20日、MCを務める7月2日放送のテレビ朝日系『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』ゴールデン2時間SP(後6:30)の会見に出席した。「ミステリー」「豪華客船」「釣り」「ドローン」「部族」など5つの視点から地球一周の大冒険するガチンコ取材をウリにしたリアル冒険バラエティー。毎週火曜の午後11時15分よりレギュラーで放送されているが、初の特番が日曜夜の激戦区に殴り込みすることとなり、小峠は開口一番に「バカじゃないかと。ゴールデンでやることじゃない」と呆れ顔で一刀両断した。

【写真】その他の写真を見る


 今回の特番では、お笑いコンビ・U字工事と破天荒ディレクターがアマゾンを突き進む“部族アース”企画1本で勝負。呪術師・シャーマンのいるジャングルの奥地の村にテレビカメラが初潜入。特殊な果実を塗って顔が紫に染まった通称“ナスD”の破天荒ぶりにも期待がかかるが、大石は「“ナス1本”。潔い感じはします。すっごい見てくれるか、誰も見ないか…」と僅かな希望を覗かせるも、小峠は「多分後者ですね」と吐き捨てた。

 2時間半の間に裏番組には『サザエさん』(フジテレビ)や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)など人気番組が立ち並び、小峠は「2桁いけば万々歳。できれば1桁後半で」と控えめすぎる目標を打ち立てると、大石は「一桁は低すぎる」と抗議。「2桁いったら2人で水着でやりましょう!」と大石から提案されたものの、「この番組を水着でやる意味がわからない」と断固拒否していた。

 それでも、アマゾン川の魚を生きたまま食べるなどクレイジーすぎる番組内容が、芸人仲間やスタッフからの評価は高いと明かした小峠は「一昔前にやっていたような、今やっているテイストではない番組。とにかくロケのしんどさの徹底した掘り下げ方に注目してほしい」とみどころをアピール。しかし、実際ロケに行くことになったらどうするか聞かれると「絶対行かないです」と顔をしかめて、「一緒に行くか、MC降りるかと言われたら、MC降ります!」と言い放っていた。



関連写真

  • テレビ朝日系『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』MCのバイきんぐ・小峠英二 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)大石絵理、バイきんぐ・小峠英二 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ朝日系『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』MCの大石絵理 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ朝日系『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』MCの(左から)大石絵理、バイきんぐ・小峠英二 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス