• ホーム
  • 芸能
  • 水谷豊、監督デビューで次回作に意欲も「すぐ相棒が始まる」

水谷豊、監督デビューで次回作に意欲も「すぐ相棒が始まる」

 俳優の水谷豊(64)が17日、都内で行われた初監督作品で主演映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した。20代の頃から40年の時を経て構想を練っていたという同作で監督デビューを飾った水谷は、記念すべき公開初日を迎え、はやくも次回作への意欲を聞かれると「きょうここが初日なので落ち着いたらいろいろと思いを馳せてみようかと思いますが、すぐ『相棒』が始まるんですね」とボヤいて笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 水谷の監督ぶりについて、普段から親交のある岸部一徳(70)は「誰もやっていない、思いつかなかったことを映画の中でやってみようと思う気迫を感じられて、出来上がった時に撮影中よりすごいものが生まれた」と感心。「監督の方がいい」とぶっちゃけると、「そんなに俳優としてダメですか?」と冗談めかしてツッコミ。ベテランながら水谷から「毎日怒られていた」という六平直政(63)は「厳しくも優しいナイスな監督でした」と絶賛した。

 同作は大けがを負って引退した天才タップダンサー・渡真二郎(水谷)が若いタップダンサーと出会い、彼らの指導を請け負うことで新たな夢へと挑戦していく姿を描く。舞台あいさつで、共演の北乃きい(26)から“夢、かなう”という意味を持つ青いバラの花束を贈呈された水谷は「もう少しはやくもらっていれば40年もかからなかったのかな?」としながらもうれしそうに笑みをこぼした。

 監督としてすべての工程に携わった水谷は「俳優でいるときには、その人生をどう生きるかに労力を使うんですが、監督では全スタッフと打ち合わせて方向性やイメージを伝えなくてはなりません。僕にとってはうれしい楽しい経験でした」と充実の表情を浮かべ、「それぞれの才能がよくわかる。俳優の時も思ってましたが、監督となりますと、それぞれがどれほど素晴らしい才能を持っているか改めて気づきました」と、かみ締めていた。

 この日は、前田美波里(68)、HIDEBOHのほか、タップダンサー役の清水夏生(29)、西川大貴(26)、HAMACHI(40)、太田彩乃(32)、佐藤瑞季(22)、さな(28)、NON(29)、nana(30)、KENICI(36)らが登壇した。



関連写真

  • 初監督作品で主演映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した水谷豊 (C)ORICON NewS inc.
  • 水谷豊の初監督作品で主演映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した北乃きい (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した岸部一徳 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した六平直政 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した前田美波里 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇したHIDEBOH (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス