• ホーム
  • 芸能
  • 中丸雄一、『クレヨンしんちゃん』本人役で登場 アニメでは「少しオーラある」

中丸雄一、『クレヨンしんちゃん』本人役で登場 アニメでは「少しオーラある」

 テレビ朝日系バラエティー『世界ルーツ探検隊』(毎週月曜 後7:00)のMCを務めるKAT-TUN中丸雄一が、同局の人気アニメ『クレヨンしんちゃん』(毎週金曜 後7:30)に本人役でゲスト出演することがわかった。6月2日放送分のショートストーリーに登場し、野原家のルーツを探るだけでなく、得意の“ボイパ”で再コラボも実現。子どもの頃から『クレヨンしんちゃん』の大ファンだった中丸は「野原家のお茶の間にもお邪魔することができて、感動です! この放送は家宝ものです!」と、2度目のコラボ実現に感激していた。

 両番組のコラボ第1弾として中丸は、4月28日に放送された『クレヨンしんちゃん』番組内のミニコーナーに登場。しんのすけに“番組を長く続ける秘訣”についてアドバイスをもらったり、人気ゲーム「東西南北HIPでホイ!」でボイパバージョンを披露し、話題を呼んだ。

 第2弾となる今回は、スペシャルショートストーリー「オラんちの“ルーツ”だゾ」に、中丸がアニメになって登場。しんのすけの父・ひろし、母・みさえの家系をたどっていくスペシャル企画で、意外と知らなかったしんのすけのルーツが明らかになる…!?

 ショートストーリーのアフレコは都内スタジオで単独で行われ、中丸は「コンマ何秒というタイミングでアニメと合わせるんですね、難しいなあ…」と、洗礼を受けたものの、すぐにコツをつかんでいき、スタッフも「イイですね〜!」と絶賛。アニメになった自分を見て、中丸は「よく描いてもらってうれいしいです! 僕は、“地味だ、地味だ”といわれがちなタイプなのですが、『クレヨンしんちゃん』の世界では少しオーラがあってホッとしています」と笑顔を見せていた。

 アフレコ終了後、しんのすけが中丸のもとを訪れ、2人はハイタッチで再会を喜び合い、しんのすけのギャグ“ケツだけ星人”の“お尻ブリブリ”も再演。「自分の中にあったひとつの夢をかなえることができたという喜びがこみあげて…若い頃の自分に言ってあげたいぐらいです(笑)」とかみしめていた。

 コラボ第1弾に続き、中丸は今回も『クレヨンしんちゃん』の人気データ放送コーナー「東西南北ボイパでホイ!」で、ボイスパーカッションを披露する。



関連写真

  • テレビ朝日系『クレヨンしんちゃん』6月2日放送分のショートストーリーに中丸雄一がゲスト出演。中丸がしんのすけの“ルーツ”をひも解くゾ!(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
  • 「『クレヨンしんちゃん』の世界では少しオーラがある」と本人絶賛のキャラクター設定画(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

オリコントピックス