• ホーム
  • 芸能
  • 菅田将暉、出身校の生徒会長と“母校トーク”盛り上がる

菅田将暉、出身校の生徒会長と“母校トーク”盛り上がる

 俳優の菅田将暉(24)が26日、主演映画『帝一の國』の公開(29日)を前に大阪市内で行われたFM802『ROCK KIDS 802』(月〜木 後9:00)公開収録イベント『生徒会サミット』に登場。現在、生徒会活動をしている関西の高校生33人とのトークで盛り上がった。

【写真】その他の写真を見る


 同映画は、大波乱の頭脳戦と権力闘争が繰り広げられる日本一の名門高校を舞台に、生徒会長選を生き抜く学生たちの姿を描く学園コメディー。この日は永井聡監督とともに登壇し、生徒会で日々奮闘する生徒たちから最新の高校生事情などを聞くことに。

 途中、菅田の母校・大阪府立池田高校の生徒会長(女子)から「池高の後輩はみんな菅田さんのことが大好きです!」とのラブコールを受けると、「うれしいわ〜。俺らの代の生徒会が頑張って、(夏に)半袖のポロシャツ登校ができるようになってん!」と大阪弁で“内輪”トークを披露し沸かせる一幕も。今年の正月には母校の校門前で撮った写真をSNSにアップしたが「反響がすごかった。生徒のみんなも同じポーズで写真をアップしてくれてうれしかった」と振り返っていた。

 映画で演じた赤場帝一については「最後までクズなんやけど、でも最後までクズを突き通して何をしてでも総理大臣を目指していくという、本当に野心の男やと思います。普通靴なめてまで何かしたいと思う?(笑)普通思わんよね〜」と笑わせながらも共感している様子。野村周平竹内涼真らとの共演を回顧し「7、8年の長い付き合いの人が多かったので、役もやけど、そもそものキャラが濃い。この映画の現場は“動物園”って呼ばれてました。園長が永井監督です」と濃密な撮影現場だったことを明かした。

 一方の永井監督も「今回、総理大臣を目指す主人公の話なんですけど、普通の学園ものと違って、裏切りだとか、友情だとか、とにかくいろんな要素が詰まったもので、ひとりひとりキャラクターが立っています。どの人が好きか、お気に入りを見つけながら楽しんでもらう映画かなと思います」と見どころを語っていた。



関連写真

  • 母校の生徒会長からラブコールを受けた菅田将暉
  • 母校池田高校の生徒会長からラブコールを受けた菅田将暉(右奥)
  • 映画『帝一の國』のイベントの模様

オリコントピックス