• ホーム
  • 芸能
  • 映画『Isle of Dogs』世界公開決定 日本人ボイスキャストにRAD野田&夏木マリ

映画『Isle of Dogs』世界公開決定 日本人ボイスキャストにRAD野田&夏木マリ

 アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)の製作陣が再結集し、20世紀フォックス映画配給の映画『Isle of Dogs』(原題)の邦題が『犬ヶ島』に決定した。来年4月20日の全米公開および来春に日本を含む世界公開も決まり、第一弾日本人ボイスキャストとして、RADWIMPS野田洋次郎夏木マリの出演が発表された。

 同作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く。声優陣には、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノらが加わり話題となった。

 今回、ニュースキャスター役で参加した野田は「iPhoneのボイスメモ機能を使ってのせりふのやり取りから始まりました。そのデータを送って、返ってきて、修正して。はじめての経験で面白かったです。僕自身ストーリーの全容をまったく見ずに断片的に関わらせて頂いたので完成を観るのが今から楽しみです」と収録を振り返り「とても幅広いキャストに象徴されるように、きっとボーダーレスでどこまでも自由なウェス・アンダーソン監督の作品になるのかなと期待しています」とコメントを寄せている。

 また、あわせて、オンラインポスタービジュアルが全世界同時解禁。“犬ヶ島”らしき場所についさっき降り立ったようなパラシュートを携えた飛行服を来た少年とその周りを囲む5匹の犬。少年と犬たちはどんな冒険を繰り広げるのか? アンダーソンが描く日本はどんなものとなるのか? 独創的なイマジネーションが生み出し描かれる“犬ヶ島”に期待したい。



オリコントピックス