• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン、同世代中堅芸人の活躍に感慨「面白い人が残っている」

バナナマン、同世代中堅芸人の活躍に感慨「面白い人が残っている」

 お笑いコンビ・バナナマンが3日、TBS系特番『あの時!スゴかった人〜一流アスリートが驚いたアノ人大追跡〜』(17日 後11:56〜深0:55)収録後の囲み取材に出席。同番組の内容にちなみ「自分が若い時に『スゴい』と思った人は?」との話題で、2人そろって「渡辺正行さんがやっている『ラ・ママ新人コント大会』に出させてもらっていた時に、トリだった爆笑問題さんはスゴいウケてるお兄さんで、憧れていましたね」と声を弾ませた。

【写真】その他の写真を見る


 当時からずいぶんと時間が経過しても、その思いは色あせないようで、設楽統(43)は「やっぱり追い越したいっていう気持ちはありましたけど、ライブの時に出会った先輩はその当時のまんま先輩ですね。変わんないですよね」と憧れのまなざし。日村も「逆に言えば、爆笑の太田(光)さんも『おい、みかんマン』とか言ってくるギャグが全然変わらないから、昔からそんな感じでしたからね」と笑顔で明かした。

 設楽は続けて、同ライブに出演していた同世代の芸人たちの名前も挙げ「ネプチューンさんとか、くりぃむ(しちゅー)さんとかも、みんなその頃はテレビの仕事はあまりしてなかったんですけど、めっちゃ面白かったんで、やっぱりその人たちが今残っているんだなって思いますね」としみじみ。日村勇紀(44)も「『アメトーーク!』とかでそういったメンバーで集まった時に、あの時のライブと同じじゃんって驚くんですよね」とうれしそうに明かした。

 年末にもスポーツ系の特番をしていたことから、設楽は「スポーツのぼう大な資料映像から、今まで観たことのないものが観られるっていのがあるから、レギュラーになったらうれしいですよね。そういう匂いもしますしね」とにっこり。ラジオ番組『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ 毎週金曜 深1:00)で、今回の改編によってレギュラー番組が減っていたことを嘆いていた日村も「4本減っても、これがある訳ですから。僕はTBSさん大好きですから」とアピールしていた。

 囲み取材にはそのほか、レスリングの吉田沙保里選手、モデルの佐藤栞里も出席した。



関連写真

  • バナナマン (C)ORICON NewS inc.
  • 佐藤栞里 (C)ORICON NewS inc.
  • 吉田沙保里 (C)ORICON NewS inc.
  • 吉田沙保里、設楽統、日村勇紀、佐藤栞里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス