• ホーム
  • 芸能
  • 大阪・道頓堀に巨大な“キヨっさん”登場 街頭ビジョンでNHK新番組PR

大阪・道頓堀に巨大な“キヨっさん”登場 街頭ビジョンでNHK新番組PR

 NHK総合で4月3日からはじまる平日午後の情報番組『ごごナマ』(月〜金 後1:05〜4:00※定時ニュースをはさむ)。毎週金曜(初回4月7日)は大阪局から全国に生放送されることをPRすべく、大阪・道頓堀の「ツタヤエビスバシ ヒットビジョン」で番組ポスターを放映中だ(4月9日まで)。上下2つ合わせた表示面積で日本最大を誇る街頭ビジョンだけに、目玉が飛び出しそうな西川きよしの顔もかなりデカい。ちなみに、西川は「小さなことからコツコツと!」と叫んだ「と!」の瞬間を捉えたカットが使用されている。

 番組ポスターが掲出される下のビジョンは高さ17メートル、幅15メートル。西川の両隣にいるのは、ともに番組MCを務める藤井隆濱田マリ。3人ともフライパンやお玉、野菜などを手にして、身近な話題テーマを扱う「スタジオショー」を表現している。

 番組のコンセプトは、「オトナの井戸端、作りました」。この時間帯の在宅率が高い40代以上の女性や60代以上の男性、いわゆる 「オトナ世代」に向けて、ゲストを招いてのトークや、見ればお得な生活情報など、さまざまな話題をネタに楽しく井戸端会議を繰り広げる。月曜から木曜は東京から船越英一郎美保純、阿部渉アナウンサーが出演する。金曜「ごごウタ」コーナーは小堺一機が担当する。

 先日、都内で取材会が行われ、出演者が意気込みを語る中、西川は「芸能生活53年になりますけど、生(放送)で出させてもらうのは久しぶりです。生、大好きです」と水を得た魚のよう。「ちょうど桜のシーズンからのスタートですので、番組が長く続くように、満開がいつまでも続くように、頑張りたいと思います」と話していた。



オリコントピックス