• ホーム
  • 芸能
  • 小倉優子、慰謝料報道は「デマ」 離婚公表前の『行列』で真相語る

小倉優子、慰謝料報道は「デマ」 離婚公表前の『行列』で真相語る

 今月3日にヘアメイクアーティストの菊地勲氏と離婚したタレントの小倉優子(33)が、26日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』(毎週日曜 後9:00)に出演し、離婚を報告するとともに真相を語った。

 小倉は今月6日に離婚を公表。同番組の収録はその前に行われたもので、「私事なんですけど離婚したんですよ」とさらりと報告すると、出演者は「エーッ!?」と驚きの声をあげ、出演者の東野幸治は「芸能界史上、こんなにスッと言う離婚ってある?」と目を丸くした。

 小倉は「報道でもめてるとか、慰謝料が…とか出てるんですが、全然そんなこともなく、弁護士さんも入らずに」と真相を説明。慰謝料7000万円との報道についても「本当にデマでびっくりしていて。お互い話し合って結婚生活は終わりにしようということになったので、慰謝料は発生していないんですよ。交わした書類もないので、どうしてそんなことが出てるのかなってすごい不思議」と告白した。

 番組ではシングルマザーとなって3週間経った小倉にインタビューも行い、離婚した夫の女性問題の週刊誌を見た時には「腹も立ったし、ショックだったし、妊娠中でしたし、最初の2ヶ月くらいはどうしようって、ドーンって落ち込んで、負の感情が続いていました」と胸中を吐露。

 4歳の長男には「これから働く」と話したといい、「『僕も頑張ってお手伝いして働くから。協力するね。ママを助けるよ』って言ってくれるんですけど、子どもに気を遣わせているのかな? とは感じています」と息子を気遣った。

 結婚生活で学んだことを聞かれると「子どもが生まれて、子ども中心になって、子ども一番じゃなくって旦那さん一番にしていれば違ったのかなとも思っています。そこは本当に反省しました」。次に再婚するなら?との質問には「他の人に対して、浮かれた気持ちを持たない人」と話していた。



オリコントピックス