• ホーム
  • 芸能
  • 欅坂46の注目株・長濱ねる、高校卒業で新たな一歩

欅坂46の注目株・長濱ねる、高校卒業で新たな一歩

 人気アイドルグループ・欅坂46とアンダーグループのけやき坂46(ひらがなけやき)を兼任する長濱ねる(18)が、27日発売の『週刊ヤングマガジン』17号(講談社)の巻末グラビアに登場。制服姿やリラックスした表情、満面のスマイルなど等身大の魅力を余すところなく撮り下ろした。

【写真】その他の写真を見る


 長濱が登場したのは、同誌と『月刊ヤングマガジン』で欅坂46全員のソログラビアを掲載する不定期連載「欅坂一人ひとり」。2015年8月の欅坂46の結成から3ヶ月後に加入したことから“遅れてきたスーパールーキー”と呼ばれ、4thシングル「不協和音」でフロントメンバーに抜てきされるなど、注目株の長濱に迫った。

 この春に高校を卒業して新生活を迎えることから、グラビアのテーマは「もしねるちゃんが引っ越ししたら」。荷造りしているシーンやカラフルなテープで遊んでいるカット、ベッドで横たわるカットなど表情も豊か。インタビューでは、自身についての3つのキーワード解説や、兼任メンバーだからこそわかる両グループの関係性などについて語っている。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには、女性ファッション誌『Cancam』専属モデルで女優の久松郁実(21)が登場。大迫力のダイナマイトボディがこぼれそうなビキニに身を包み、圧倒的な色気とセクシーを見せつけた。

 巻頭カラー漫画は、アズ氏の手品ショートギャグ『手品先輩』。



関連写真

  • 高校卒業を迎え、新しい一歩を踏み出した欅坂46・長濱ねる (C)岡本武志/ヤングマガジン
  • 可愛すぎる表情の欅坂46・長濱ねる (C)岡本武志/ヤングマガジン
  • 『ヤングマガジン』17号に登場する欅坂46・長濱ねる (C)岡本武志/ヤングマガジン
  • 『ヤングマガジン』17号の表紙を飾る久松郁実 (講談社)

オリコントピックス