• ホーム
  • 芸能
  • 谷原章介、『王様のブランチ』は「人生の大きな転機に」 新川優愛も卒業

谷原章介、『王様のブランチ』は「人生の大きな転機に」 新川優愛も卒業

 俳優の谷原章介(44)と女優・モデルの新川優愛(23)が25日に放送されたTBSの情報バラエティー番組『王様のブランチ』(毎週土曜 前9:30)をもって、MCを卒業した。谷原は2007年1月に初登場してから10年3ヶ月・519回、新川は15年10月から1年半で75回、土曜に4時間半の生放送を務め上げた。谷原は「振り返ってみればあっという間で、人生の大きな転機になった番組」と感慨もひとしおの様子だった。

 「ゲストでたくさんの役者の方にお越しいただいたり、いろんな方にお世話になったことが、血となり肉となった10年間だった」と谷原。MCに就任した直後に結婚することになり、プライベートも激変した。「毎週土曜にここ(TBS)にくることが当たり前になって、前日の金曜はお酒が飲めないし、今週もか…と思うこともありました。子どもの運動会などにも出れないし、家族のことを奥さんや父、母に任せていた部分もあった。これからは子どものこともやっていきたい」と家族の支えがあっての10年間に感謝していた。

 新川は「歴史ある番組に途中から参加する不安もあったんですが、いつも谷原さんにたくさん助けていただいて、スタッフやほかの出演者の皆さんにも支えていただいて、何より『ブランチ』を観てくださっている方からたくさん反響をいただいいて、ここまで走ってくることができました」とあいさつ。思い出のVTRを観て「笑ったり、泣いたりいろいろしていたな、と思うとウルッときます」と感動しながらも、笑顔でしめくくった。

 この日は卒業スペシャルとして放送時間を1時間延長。谷原はの10年間を、新川は1年半を振り返るVTRや「お買い物」企画を放送。買い物ロケには4代目女性MCの本仮屋ユイカやはしのえみら懐かしいメンバーが参加し、3代目の優香もVTRでメッセージを約35万円の買い物をした谷原は、ダーツで見事「全取り」を仕留め、視聴者プレゼントにする大盤振る舞いも見せた。

 この日の放送をもって、ピース綾部祐二(16年4月から1年・59回)、国山ハセンアナウンサー(2014年4月から3年・150回)も番組レギュラーを卒業した。

 1996年4月にスタートし、4月より22年目に入る同番組では、各コーナーやセットも含め内容を一新。新MCはアンジャッシュの渡部建とモデルの佐藤栞里、ほかにモデルの石田ニコル、女優の大友花恋、山本舞香がレギュラー出演する。



オリコントピックス