• ホーム
  • 芸能
  • 旭化成キャンペーンガールにハーフ才女・大伴理奈 大迫力ボディと国際性を評価

旭化成キャンペーンガールにハーフ才女・大伴理奈 大迫力ボディと国際性を評価

 2017年旭化成グループキャンペーンモデル発表会が16日、都内で行われ、白百合女子大学文学部を卒業したばかりのモデル・大伴理奈(22)が選ばれた。

【写真】その他の写真を見る


 身長172・バスト82・ウエスト60・ヒップ87センチという日本人離れした体型の大伴は、16歳の時にスカウトされモデルデビュー。日本人の父と中国人の母の間に育ち、大学ではフランス語を学んだ国際性などが高く評価された。

 約300人の中から選ばれた大伴は「信じられなかった。不安もあるけど、モデルとしてこのような場所に建てることを目指してきたので、本当にうれしい」と幸せいっぱいの笑顔。現在は芸能事務所のスペースクラフトに所属しており、同キャンギャルの初代は当時同じ事務所だったアグネス・ラムだったため、「大先輩なのですごく縁を感じています」と語った。

 「今日が社会人一日目。これから頑張ろう、卒業と同時に新しいことに挑戦できてうれしい」と決意を新たにすると、憧れのモデルとして『ヴィクトリアズ・シークレット』のテイラー・ヒルの名前を挙げ、「女優業にも興味があります」と意気込んだ。

 大伴は同キャンペーンの42代目。これまで松嶋菜々子(17代)や片瀬那奈(24代)など多くの女優も輩出している。



関連写真

  • 2017年旭化成グループキャンペーンモデルに就任した大伴理奈
  • 2017年旭化成グループキャンペーンモデルに就任した大伴理奈
  • 2017年旭化成グループキャンペーンモデルに就任した大伴理奈
タグ

オリコントピックス