• ホーム
  • 芸能
  • 放送10年『関ジャニ∞のジャニ勉』、大人っぽい雰囲気にリニューアル

放送10年『関ジャニ∞のジャニ勉』、大人っぽい雰囲気にリニューアル

 関西テレビ『関ジャニ∞のジャニ勉』(毎週水曜 深0:25〜1:20)が、2007年5月2日の番組開始から、この春丸10年を迎える。人気アイドルグループ・関ジャニ∞が地元・関西に、基本・隔週で帰ってきて、大阪に本社がある同局で収録している番組。関西ローカルだが、現在はフジテレビ系を中心に、全国の放送局20社(カンテレを含む)で放送されている。今月29日放送分(第496回)からリニューアルすることが決まり、15日に行われた収録後に、“ジャニ勉 10周年で心機一転してみましてん”会見を開いた。

 番組は、これまでゲストとゲームを繰り広げるなどバラエティー感の強かった内容から、トーク中心へとリニューアル。メインコーナーは「関ジャニ∞の頑固道」と題し、ゲストが持つ絶対譲れないポリシーや、関西の街で見つけたその人だけの大きなこだわり、そして関ジャニ∞メンバーがそれぞれに持つ、自分だけのこだわりを熱く語り合う“トークルーム”に変身する。

 村上信五は「今回から大人っぽい雰囲気でやっていこうというコンセプトの中で、メンバーの知られざる小さいこだわりも出てきて、新たな一面も楽しんでいただけたら」。大倉忠義も「全体的には大人っぽくなって、僕らもこういう年齢になったのかなっていうのもありますね。ゲストが来られるスタイルは基本的に変わらないけど、僕らも自分のエピソードを話すことも増えて、参加するっていう形になったのかな、と。楽しくやっていけたらいいですよね」と、抱負を語っていた。

 セットも一新され、「オトナの秘密基地」のようなワクワクする空間に。渋谷すばるが「こういう落ち着いた雰囲気で、“テレビやりますよ!”っていう雰囲気ではなく、僕らの家にふらっと来てくれたような感じで普通に楽しくしゃべってたら“もう終わりか”みたいな。こういう空気感だからこそ引き出せたものもあるのかな、と思うから次回からも楽しみですね!」と、リニューアル1回目の収録を振り返ると、安田章大も「長くやっているメンバーなのに、改めて話しあうことってなかなかなくて。メンバーの面白いところを改めて発見できて、それをゲストや視聴者の方が楽しんでくれたらいいですね!」と、メンバーとのトークに新たな発見をした様子。

 衣装も、大人の魅力あふれるステキなスーツで登場。錦戸亮は「前身の番組から10年。僕、今32歳ですから、やっぱり“年相応のこともやっていかなあかんな”って思うし、大阪でメンバー全員でやってるのってこの番組だけなんでね。まだ子どもの部分が出ちゃうかもしれないけど、“リニューアル大成功だね!”って言われるように、頑張っていきたいと思いますね」。横山裕も「10年目という節目の年に、攻めの姿勢というか、前を向いて行こうというか、その温度感が見てる方たちにも伝わればいいなと思いますね!」と、意欲をみせた。

 丸山隆平は「今回のリニューアルのように、コーナーを分けずに区切らずその空気のままやっていくっていうのは10年間やってきたからこそで、ある程度僕らが信頼されていないとできないと思うし、託された感じがしますね」と自信を見せつつ、「後はセットのスペースを使いきれてないなと思うので、そのあたりは今後の課題ということで」と笑わせた。

 なお、リニューアル後の初回3月29日は、通常より25分遅い深夜0時50分から放送。ゲストに、中山優馬桜井日奈子佐戸井けん太が出演。関ジャニ∞のファッションリーダーである安田は、自宅の冷蔵庫に「アロンアルファ」を必ず入れている頑固なこだわりについて、スタジオで徹底トーク。さらに「2/∞」ロケでは、錦戸亮と大倉忠義の2人が、大阪・九条を街ブラする。



オリコントピックス