• ホーム
  • 芸能
  • Eテレ『天才てれびくん』完全リニューアル いきもの・水野がテーマ曲担当

Eテレ『天才てれびくん』完全リニューアル いきもの・水野がテーマ曲担当


 NHK・Eテレで放送開始から25年目を迎える「天才てれびくん」が、現在の『Let’s天才てれびくん』改め、4月3日から『天才てれびくんYOU』(月〜水 後6:20〜6:45、木曜 後6:20〜6:54)にリニューアルすることが9日、明らかになった。全国の子どもたちを引っ張るリーダー役として、立花裕大&小島梨里杏の出演が決定。レギュラー出演する子どもたち「てれび戦士」が歌うエンディング曲は、現在、“放牧中”のいきものがかりのリーダー・水野良樹が作詞・作曲を担当する。

 前シリーズ『Let’s天才てれびくん』で打ち出した「ストーリー性」と「テレビの前の子どもたちの参加」を踏襲しつつ、さらに強化させるためにリニューアル。新シリーズでは、ふしぎな魅力いっぱいの新しいキャラクターたちと仲間になって、世界の平和を脅かす強大な敵との戦いに挑むSFファンタジーあふれる冒険の旅を繰り広げる。

 新レギュラーの立花は、昨年10月期のドラマ『潜入捜査アイドル刑事ダンス』(テレビ東京)で、歌はうまいが能天気な出川てつや(D)役を好演したほか、ドラマや映画、CM、ミュージックビデオなどに出演する若手俳優。小島は、2014年に放送された『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)でトッキュウ3号/ミオ役を演じて注目を集め、ドラマや映画、舞台などで幅広く活動している。

 さまざまな企画に体を張って挑戦するてれび戦士の姿は最大の見どころ。てれび戦士の奮闘ぶりを伝えるナレーションは、声優の子安武人が担当する。声優ファンを熱狂させてきた変幻自在の“イケメンボイス”で、生まれ変わった天才てれびくんを盛り上げる。

 生放送ならではの視聴者参加企画も毎日実施する。データ放送をフル活用。月〜水曜は、T.M.Revolutionの西川貴教がコーナーを進行し、全国の子どもたちに熱く語りかけていく。

 月〜水曜は2部構成で、お笑い・アニメを放送。月曜(後6:45〜6:54)は、“日本一子どもにウケるお笑い芸人”を目指して、毎回 2 組のお笑い芸人たちが対決する新しいネタ番組『わらたまドッカ〜ン』がスタートする。勝敗をジャッジするのはスタジオに集まった約80人の小学生。面白いと思った芸人のカゴに、運動会の“玉入れ”のように玉を投げ入れてもらい勝敗を決する。キッズの心をつかむのは、どの芸人か?

 4月3日は、三四郎 VS コロコロチキチキペッパーズ。同10日は、ザブングル VS あばれる君。同17日は、小島よしお VS とにかく明るい安村。同24日は、ラバーガール VS チョコレートプラネット(すべて放送予定)。番組キャラクター「たま兄(にい)」の声は樅野太紀(もみの・たいき)が担当する。

 火曜(後6:45〜6:54)はアニメ『GO!GO!ゴマちゃん』、水曜(後6:45〜6:54)はアニメ『ねこねこ日本史』の継続放送が決定。それぞれシーズン2に突入する。



関連写真

  • NHK・Eテレ『天才てれびくんYOU』4月3日スタート。 “全国の子どもたちを引っ張るリーダー”として俳優・立花裕大と女優・小島梨里杏が出演(C)NHK
  • NHK・Eテレ『天才てれびくんYOU』4月3日スタート。月〜水曜に放送される視聴者参加コーナーに西川貴教が出演(C)NHK
  • NHK・Eテレ『天才てれびくんYOU』4月3日スタート。番組のエンディング曲をいきものがかりのリーダー・水野良樹が担当(写真提供:NHK)
タグ

オリコントピックス