• ホーム
  • 芸能
  • ノンスタ井上、相方・石田に涙の誓い「自分自身、ゼロから始めたい」

ノンスタ井上、相方・石田に涙の誓い「自分自身、ゼロから始めたい」

 昨年12月11日の接触事故以降、謹慎中だったお笑いコンビ・NON STYLE井上裕介(37)が、きのう6日に不起訴処分となったことを受け、きょう7日に都内で会見を行った。冒頭で「この度は誠に申し訳ありませんでした。被害者の方に、改めておわびしたいと思います。ファンの方々や仕事関係の方々に多大なご迷惑とご心配をかけてしたことをおわびします」と目に涙を浮かべながら謝罪し、約45秒間にわたって深々とおじぎした。

 被害者の話題になると、大粒の涙を流しながら「直接、謝罪する場を設けてくださりました。本当に優しい方で、僕が100%悪いのに、僕が泣きながら謝っていたら、相手の方も涙を流して『謝罪の気持ちは伝わりました。早く、劇場やテレビで漫才をしている姿を見せてください』と言ってくださりました」とコメント。「本当に申し訳ないことをしました。改めておわびしたいと思います」と深々と頭を下げた。

 相方の石田明(37)に対しては「石田くんから『コンビ、解散してくれ』って言われても仕方ないと思っていましたが『井上の人生は、オレの人生の一部でもあるから』と言ってくれて…」と思いを堪えきれずに再び号泣。今後の活動については「(復帰の)時期とかは全く決まっていませんし、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたので、石田くんや世間の方々が許してくださるようになってから…」としばらくは未定であることを明かした。

 これまで、ポジティブなキャラクターで活躍してきた井上だが、芸風を変える可能性は「そういう部分は考えが及ばないので、今後また石田くんといろいろ話して考えていけたら」と話した上で、復帰を待ち望むファンへ「SNSなどで『ずっと待っています』というコメントをいただきましたので、そういった方々のためにもしっかりとした漫才で頑張れたらと思います」と声を振り絞るように呼びかけた。

 今後は、石田との二人三脚で取り組んでいくといい「自分ひとりでは、何分力が及ばない部分があるので、石田くんに助けていただいて、笑っていただけるようにしていきたいです」と宣言。「自分自身、ゼロから始めたい。何年後、何十年後になるかわかりませんけど、いつか石田くんから『相方が井上で良かった』と言ってもらえるように、頑張りたいです」と涙ながらに誓っていた。

 井上は昨年12月11日に東京・世田谷区内で、自身が運転する乗用車でタクシーを追い越そうとした際に同車に接触、タクシー運転手が負傷する事態となった。以降は活動を自粛し、先月1日には書類送検されたが、きのう6日に東京地検が不起訴処分とした。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 涙ながらに謝罪したNON STYLE・井上裕介 (C)ORICON NewS inc.
  • NON STYLE・井上裕介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス