• ホーム
  • 芸能
  • 玉袋筋太郎が「スナック」啓蒙活動 離婚・小倉優子に“ママ”転職のすすめ

玉袋筋太郎が「スナック」啓蒙活動 離婚・小倉優子に“ママ”転職のすすめ

 一般社団法人『全日本スナック連盟(=全スナ連)』の会長を務めるタレントの玉袋筋太郎が6日、都内で行われたスナック啓蒙活動の記者発表会に参加。6日に離婚を発表した小倉優子のスナックママ転身に「アリだね」と勧めた。

【写真】その他の写真を見る


 発表会で玉袋はスナックママになる3条件として「人生、一か八か」「バツイチ」「生きるための背水の陣」と語った。バツイチの理由については「たいがいそう。そこがエラい。シングルマザーで子育てするのに必死。そういったママの人生には感動する」と熱弁をふるった。

 この日は小倉の離婚が判明したばかり。バツイチという条件を満たした小倉のママ転職について玉袋は「アリだと思う。スナックという業態は堂々とした商売ですし」とキッパリ。ただ「あの人は腰掛けで焼き肉屋をやってたから、ああ(離婚に)なっちゃったかもしれないな」と過去の騒動をぶり返し、毒を吐くことも忘れていなかった。会見に参加した現役のスナックママも「私も子供が小さいときに離婚経験がある。次の人生があるので、いいと思います」と小倉にエールを送っていた。

 また、同会見では玉袋が2月2日に「スナック玉ちゃん」をオープンさせたことも発表。元日本テレビのフリーアナウンサー・脊山麻理子も会見に登場し、前出の3条件に当てはまり、玉袋の店のカウンターに立つことも決まった。さらに3月10日には、玉袋が書いた「スナックの歩き方」も発売。各種の発表を行った全スナ連会長の玉袋は「スナックで日本を元気にする。残された人生、日本全国のスナックを隅から隅まで巡り、スナック界の伊能忠敬を目指します」と高らかに宣言していた。



関連写真

  • 離婚を発表した小倉優子にスナックママ転身を勧めた玉袋筋太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)脊山麻理子、玉袋筋太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • スナック啓蒙活動の記者発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • スナック啓蒙活動の記者発表会に参加した玉袋筋太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • スナック啓蒙活動の記者発表会に参加した(左から)脊山麻理子、玉袋筋太郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス