• ホーム
  • 芸能
  • 今田耕司の『あるある議事堂』4月からリニューアル “土10”に枠移行

今田耕司の『あるある議事堂』4月からリニューアル “土10”に枠移行

 4月からテレビ朝日系で土曜午後10時台に、今田耕司が司会を務める新番組『こんなところにあるあるが。土曜●あるある晩餐会(●=ハートマーク)』(毎週土曜 後9:58〜後10:59)が放送されることがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 2時間ドラマを放送してきた「土曜ワイド劇場」が終了し、午後9時からは高島彩がキャスターを務めるニュース情報番組『サタデーステーション』がスタート。これに続く『あるある晩餐会』は、昨年4月より土曜深夜に放送されている『あるある議事堂』を基本テイストは変えずに、これまでの30分から1時間番組へとリニューアル。

 あるカテゴリーに属するとして招集された人々が、自分たちに共通すると思うネタを発表し、それがほかの招集メンバーからも共感が得られる「あるある」なのか、そうでもない「なしなし」なのかをメンバー全員の投票で決定。他では言えないけれど、同業者や同じ境遇の面々が集まる場所だからこそ打ち明けられるネタの披露と、それが「あるある」か「なしなし」かをめぐる激論は、内容の特殊性と今田の巧みな進行が相まって、放送後に度々話題を呼んできた。

 番組スタート時、「1年で上に行く」と意気込んでいた今田は「本当になりました。びっくり! まさか!ですけど、『(時期まで言い当てるなんて)すごいっしょ、俺!』という気分です(笑)」と素直に喜び。「目標は10年続けること。なので、60歳になるまで晩餐会を続けて、60歳からはマジの議員の方にチャレンジしようかと思います(笑)」と野望を口にしていた。

 また、人気バラエティー番組『しくじり先生』(毎週月曜 後8:00〜8:54)が4月より日曜午後9時58分スタートに枠移行することも明らかになった。「過去に大きな失敗をした人たちから『しくじりの回避法』を学ぼう!」をコンセプトに2014年10月に放送スタート。15年4月からは月曜午後8時へとゴールデン昇格を果たした。

 授業を行う先生は、俳優・アスリート・アーティスト・芸人だけでなく、社長や文化人・キャスターなど、幅広い分野から選りすぐりの“しくじり先生”をピックアップ。いままで以上のバリエーションとパワーアップした授業を届ける。



関連写真

  • テレビ朝日の土日夜10時台が変わる。土10は今田耕司が司会の『あるある晩餐会』、日10は『しくじり先生』(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日の土日夜10時台が変わる。土10は今田耕司が司会の『あるある晩餐会』、日10は『しくじり先生』(C)テレビ朝日

オリコントピックス